堆積物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TalusConesIsfjorden.jpg

堆積物(たいせきぶつ、sediment)とは、などの岩石片や鉱物、生物遺骸、火山噴出物、水中の溶解物などが、水中ないし大気中の特定の場所に積み重なったもの。一般に、岩石化していないルーズな状態の土砂である。堆積物が続成作用によって固結した岩石を堆積岩という。

堆積物は、地表の大気圏水圏岩石圏生物圏が密接に関連する環境のもとで、太陽光重力等の影響を受けて発生する物理学的、化学的、生物学的な作用(堆積作用)を通じて形成され、その変化過程を解析することで様々な基礎的な地質情報を得ることができる。

未固結の堆積物とそれらが固結した堆積岩の総称としても用いられる。

分類[編集]

堆積物には次のようなものがある。

崖錐堆積物[編集]

急傾斜地などから剥離した岩屑類が下部斜面に堆積して出来た地形を崖錐といい、一般に半円錐状を呈する扇状地などを形成する。その形成された地形の構成物が崖錐堆積物である。類似した地形や構成物を含めて崖錐性堆積物といい、それらは不均質かつ未固結な土塊類(あるいは岩塊類)から構成されルーズな状態であるため透水性に富み、斜面はしばしば土砂災害の原因となる。堆積した層厚などの素因の状況によっては宙水が形成されたり基盤との層境界に地下水が流れる不安定な斜面を形成し、その移動形態に特徴が現れる(マス・ムーブメント - 地すべり)。これら崖錐性堆積物を含めて原位置で生成された堆積物を一次堆積物と呼び、それ以外の移動あるいは滑動などによる堆積物を二次堆積物(崩積土)と呼び不安定度合いが分類される。

海底堆積物[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]