タービダイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルゴリオーネ(南イタリア)にある中新世のタービダイト層
高知県室戸岬のタービダイト層

タービダイト: turbidite[1])は、海底堆積物のひとつ。混濁流(乱泥流、turbidity current[1]堆積物[2]級化層理が発達した砂岩泥岩の互層を特徴とする。

概要[編集]

一般に、タービダイトにおいては、級化層理が発達しており、他に、ブーマ・シーケンス英語版と呼ばれる特徴的かつ規則的なラミナと級化層理部の重なりからなる堆積構造や下層の侵食などが見られる。

大陸棚斜面において発生した混濁流が海底谷を下り、深海底に堆積し形成されたものがタービダイトである。地形としては、海底扇状地を形成するものとなる。混濁流の発生は間欠的に起こるものであり、それにより砂泥互層が形成される。

混濁流の発生原因は、地震に伴う海底地滑り津波メタンハイドレート層の急激な気化、海底火山噴火などと考えられている。特に、生物や気象現象による攪乱の影響を受けにくい海底に有るため地震の発生歴を正確に記録している場合があり、放射性炭素年代測定法などの年代測定方法を利用し有史以前に発生した地震や津波の発生間隔などの調査に用いられる。

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、382頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ 室戸ジオパーク推進協議会事務局. “どーんと付加体(M.室戸岬)”. 室戸ジオパーク公式サイト. 2012年6月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]