津波堆積物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
津波堆積物の生成を示す図

津波堆積物(つなみたいせきぶつ、英語tsunami deposit ; tsunamiite ;tsunami-related sediments)は、タービダイトの一種で、大規模な津波によって、海底から巻き上げられたなどの砕屑物生物遺骸が水底(海底、湖底)や陸上に堆積してできた堆積物である[1]。津波堆積物の生成年代を決定することにより、過去の津波の襲来時期や押し寄せた範囲を明らかにすることができる[2]

概要[編集]

津波の成因によって、地震によるもの、火山爆発によるもの、隕石落下によるものがある[3]。寄せ波によって陸上や沿岸湖沼に運び上げられたもののほかに、引き波によって海底に引き込まれたものも津波堆積物ということができる[4]。しかし、台風などの気象現象による高波や洪水の痕跡との識別は難しい[5]

堆積物研究[編集]

研究の歴史は浅く日本では、1983年日本海中部地震を契機として始まり、1980年代後半以降、多くの研究者によって精力的な研究が行われ知見が蓄積されている。堆積物の解析とは、年代特定と津波規模の特定が主目的となり、年代を特定するために古生物学考古学の視点、堆積物形成のプロセスを理解するためには地質学地形学地球物理学、津波工学、堆積学流体力学などからの複合的視点が必要である。

過去数千年間の歴史に残っていない津波を知るためには、近代的地震観測が行われた以降の地震や[6]、発生直後の調査によってどの様な堆積が行われたのかを知ることが重要で[7][8]、陸上での発掘やジオスライサーによる堆積地層サンプルの採集が行われる。

その結果、蓄積されたデータを多角的に利用したシミュレーションを行い、発生した津波の規模(波高、流速、遡上範囲)から地震の規模を明らかにすることで、防災技術に役立てる事が可能になる。

解析を行う上での課題[5]とは、

  • 年代決定には主に放射性炭素年代測定法が用いられるが、堆積物中の遺骸が形成された年代と津波の発生年代は同じであるとは限らない。
  • 堆積後に洪水、高波、生物の活動による破壊などがあり攪乱される。

事例[編集]

多くの津波堆積物研究によって過去の巨大津波の存在が明らかにされてきた[9]

日本国内[編集]

日本国外[編集]

脚注・参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 陸上掘削試料による津波堆積物の解析 ―浜名湖東岸六間川低地にみられる3400年前の津波堆積物を例にして― 地学雑誌 Vol.122 (2013) No.2 特集号:日本における陸上科学掘削の現状と展望 p.308-322
  2. ^ 津波堆積物(つなみたいせきぶつ)日本大百科全書(小学館)
  3. ^ 志岐常正, 山崎貞治「津波堆積物:礫浦(つぶてがうら)礫岩層を中心に」(PDF)『日本地質学会学術大会講演要旨』 96, 312, 1989-04-25
  4. ^ 七山太講演要旨「津波は陸上遡上時にどのような痕跡を残すのか? −堆積学的手法に基づく北海道沿岸域の検討例−」 (PDF) 『歴史地震』19号、2003年、p.174
  5. ^ a b 藤原治:地震津波堆積物 : 最近20年間のおもな進展と残された課題 第四紀研究 Vol.46 (2007) No.6 P451-462
  6. ^ 1993年北海道南西沖地震と1983年日本海中部地震に伴う陸上の津波堆積物 活断層研究 Vol.1994 (1994) No.12 p.1-23
  7. ^ 東北地方太平洋地震によって残された津波堆積物 岐阜聖徳学園大学 (PDF)
  8. ^ 東北地方太平洋沖地震による九十九里浜の津波堆積物と海岸地形変化 (PDF)
  9. ^ 津波堆積物を用いた過去の巨大津波の研究”. 産業技術総合研究所 活断層・地震研究センター. 2012年6月18日閲覧。
  10. ^ 読売新聞2011年8月22日13S版2面巨大津波、三陸で6千年に6回か…地層に痕跡--2012年6月18日閲覧
  11. ^ 読売新聞2011年11月24日夕刊3版1面・2面・「東日本巨大地震600年周期…千年に一度見直し」--2012年6月18日閲覧
  12. ^ 大津波3回の痕跡、くっきりと残る地層見つかる読売新聞夕刊、2013年11月1日
  13. ^ 西暦869年貞観地震に伴う津波の研究 (PDF) 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
  14. ^ 阿部壽(1990) 阿部壽・菅野喜貞・千釜章(1990): 仙台平野における貞観11年 (869年) 三陸津波の痕跡高の推定,地震 第2輯, Vol. 43. No. 4, pp513-525.
  15. ^ Bondevik, Stein; Dawson, Sue; Dawson, Alastair; Lohne, Øystein (5 August 2003). “Record-breaking Height for 8000-Year-Old Tsunami in the North Atlantic”. EOS, Transactions of the American Geophysical Union 84 (31): 289, 293. Bibcode 2003EOSTr..84..289B. doi:10.1029/2003EO310001. http://bora.uib.no/bitstream/1956/729/1/Bondevik-al-03-EOS.pdf 2012年6月18日閲覧。. 
  16. ^ Bondevik, S; Lovholt, F; Harbitz, C; Stormo, S; Skjerdal, G (2006). “The Storegga Slide Tsunami - Deposits, Run-up Heights and Radiocarbon Dating of the 8000-Year-Old Tsunami in the North Atlantic”. American Geophysical Union meeting 
  17. ^ 「チリ中南部沿岸の堆積物に過去の巨大地震の痕跡-史上最大級のチリ地震はおよそ300年間隔で発生していた-」産業技術総合研究所プレスリリース、2005年9月15日発表
  18. ^ 「タイ南部沿岸の堆積物に記録された過去の巨大津波-インド洋で繰り返し起きていた巨大津波が国際共同調査で明らかに-」産業技術総合研究所プレスリリース、2008年10月30日発表
  19. ^ タイ南部沿岸の堆積物に記録された過去の巨大津波産業技術総合研究所 プレスリリース(2008-10-30)
  20. ^ カスケード沈み込み帯における巨大地震の発生履歴の研究史 東京大学地震研究所 地震予知連絡会 会報 第89巻 (PDF)

外部リンク[編集]