カホクザンショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カホクザンショウ
5811-Linxia-City-north-plateau-Sichuan-pepper-shrub.jpg
カホクザンショウ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: サンショウ属 Zanthoxylum
: サンショウ Z. bungeanum
学名
Zanthoxylum bungeanum
Maxim., 1871
和名
カホクザンショウ
英名
Sichuan pepper, Chinese prickly-ash

カホクザンショウ(華北山椒、学名:Zanthoxylum bungeanum、英名:Sichuan pepper)は中国ミカン科サンショウ属の落葉低木。日本サンショウとは同属異種に当たる。

一般には中国名である「花椒」で知られ、日本語読みで「かしょう」、または中国語読みで「ホアジャオ」(拼音:huājiāo)と呼ばれる。また、日本の山椒と区別して「四川山椒」、「中国山椒」などとも呼ばれる。

果皮は食用、薬用である。痺れるような辛さを持つ香辛料として、中国料理、特に四川料理では多用される。「花椒」のほか「蜀椒(しょくしょう)」、「椒紅(しょうこう)」などとも呼ばれ、漢方では健胃、鎮痛、駆虫作用があるとされる。

名称[編集]

一般的によく使われる「花椒」は、カホクザンショウの実が熟すると、木に赤い花が咲いたようにも見えるので、これが由来となっている。

細かくは、実の大きさと色によって、大きく赤い大椒(だいしょう)、別名大紅袍(だいこうほう)、獅子頭(ししがしら)と、小振りで黄色い小椒(しょうしょう)、別名小黄金(しょうおうごん)に分けられ、実の採集時期によって秋椒(しゅうしょう)と伏椒(ふくしょう)に分けられる。

英語ではSichuan pepper, Szechuan pepper, Chinese prickly-ash, Flatspine prickly-ashなどとも呼ばれる。

歴史に見られる名称[編集]

  • の『爾雅』の「釈木」に見える古名に(き、拼音:huǐ)、大椒(だいしょう)がある。
  • 後漢代の『神農本草経[2]』中巻木部中品[3]秦椒(しんしょう)、中巻木部下品[4]には蜀椒(しょくしょう)の名称がみられる[1][5]
  • 後漢の『説文解字』には椒の異体字である「」(ショウ、拼音:jiāo)の字体で収載されており、「茮莍也」との説明がある。
  • 北魏の『斉民要術』は「植椒編」を設け、栽培、利用についての記述がある。
  • の『本草綱目』「果之四[6]」に秦(秦嶺山脈)に産が始まる花椒と注記した秦椒[7]と、蜀椒[8]を載せている。前者の別名を大椒とするが、いずれも産地名と組み合わせた言い方であり、別種であるかどうか不明。産地名を付けた言い方には、他に巴椒(はしょう)、川椒(せんしょう)、南椒(なんしょう)、漢椒(かんしょう)などの名がある。『本草綱目』は蜀椒の別名として点椒(てんしょう)も載せている。なお、現代中国語の「秦椒」にはトウガラシの意味もある。

特徴[編集]

形態[編集]

雌雄異株、樹高は7mほどになる。には鋭いが2本ずつつく。互生奇数羽状複葉。長さ8-14cmほど。5-11対の小葉は1-2cmの楕円形で縁は鋸歯状。裏は表に比べ白っぽい。は、3月-5月頃開花し、直径4-5mmで黄緑色。果実の直径は4mm程度。はじめ緑色であるが7-10月ごろに赤く熟し、裂開して中の黒い種子が落下する。

害虫[編集]

サンショウ属を含むミカン科の木にはアゲハチョウの幼虫が付くことがある。アゲハチョウの幼虫は大食であり、小さな株なら一匹で葉を食べつくし丸裸にされてしまうこともあるので注意が必要である。

分布[編集]

東アジア原産。中国では黒竜江省から広西チワン族自治区まで広く分布する。四川省河北省山西省陝西省甘粛省河南省などが主産地。

同属異種[編集]

一部の同属異種の果皮をも「土花椒」などと称して、香辛料に使用される例がある。

  • Zanthoxylum piperitum - サンショウ(山椒)。日本原産。
  • Zanthoxylum armatum DC. (Zanthoxylum alatum Roxb.) - フユザンショウ(冬山椒)。
  • Zanthoxylum schinifolium - イヌザンショウ(犬山椒)。中国語で「香椒」。芳香がなく、棘が互生する。イヌザンショウの果実は黄緑から緑色で、「香椒子」、「青椒」、「青花椒」と呼ばれて精油を持ち、煎じて咳止めの民間薬に用いられる。
  • Zanthoxylum bungei Planch - ツルザンショウ。中国語で「野山椒」、「蔓椒」。
  • Zanthoxylum beecheyanum K. Koch - ヒレザンショウ沖縄県
  • Zanthoxylum simulans Hance
  • Zanthoxylum argyi Lév.
  • Zanthoxylum avicennae (Lam.) DC. - 中国語で「簕欓」、「鷹不泊」。華南、ベトナムフィリピン原産。
  • Zanthoxylum ailanthoides - カラスザンショウ(烏山椒)
  • Zanthoxylum americanum - アメリカザンショウ(アメリカ山椒)
  • Zanthoxylum fraxinoides Hemsl.
  • Zanthoxylum nispinum Sieb. et Zucc. - 中国語で「竹葉椒」。
  • Zanthoxylum nitidum Bunge - テリハサンショウ(照葉山椒)中国で「両面針」と称して薬用にされる。葉の中心線に沿って棘がある。
  • Zanthoxylum micranthum Hemsl. - 中国語で「小花花椒」。
  • Zanthoxylum integrifoliolum (Merr.) Merr. - 中国語で「蘭嶼花椒」。

利用[編集]

食用[編集]

カホクザンショウ(花椒)の果皮
採取して天日干しされる大紅袍花椒(甘粛省臨夏県

果皮は、さわやかな香りと痺れるような辛味を持ち、花椒の名で呼ばれる香辛料である。四川料理貴州料理雲南料理西北料理などで多用され、煮込み料理を中心に、炒め料理蒸し料理など、あらゆる料理に使われる。

特に、日本でも一般的な麻婆豆腐担担麺などを有する四川料理は、花椒の痺れるような辛さ(麻味)と唐辛子のピリっとした辛さ(辣味)のハーモニーである麻辣味が基本であり、花椒は欠かせない。果皮の乾燥粉末を料理の仕上げに使うことが多いが、果皮を植物油に漬けて成分を溶出させた花椒油(かしょうゆ)も使われる。粉末(挽きたてが望ましい)は香りに優れ、花椒油は辛味に優れるためひとつの料理で両方の使い方をすることもある。

炒ったと同量の花椒の粉末を混ぜたものを花椒塩(かしょうえん、ホアジャオイエン)と呼び、中国各地で揚げ物につけて食べるのに用いる。

粉末を桂皮(シナモン)、丁香(クローブ)、小茴(フェンネル、ウイキョウ)、大茴(八角、スターアニス)、陳皮(チンピ)などとブレンドしたものは五香粉(ごこうふん、ウーシャンフェン)と呼ばれ、食材のにおい消しなど下処理に多用される。

トウチ油脂などと配合した合わせ調味料も多種販売されている。

全粒の花椒を大量に買うと、種子が果皮に挟まったものがまれに交じることがあるが、これは不味なので気付いたなら取り除くべきである。

花椒が無い場合、日本のサンショウで代用できないことはないが風味や辛さが大きく異なる。

ヒドロキシ-α-サンショオールの構造式

果皮には産地により差があるが約1~9%の精油成分を含む。主な精油成分はゲラニオールリモネンクミンアルコールシトロネラールなど。油脂分ではパルミチン酸パルミトレイン酸を多く含む。主な辛味成分はヒドロキシ-α-サンショオール (Hydroxy-α-sanshool) などのサンショオール誘導体とサンショアミド

薬用[編集]

果皮は「花椒」、「椒紅(しょうこう)」と称して生薬としても用いられる。漢方で「花椒」は健胃、鎮痛、駆虫作用があるとされ、大建中湯、烏梅丸などに使われる。『本草綱目』はを「辛、温、有毒」とする。陰虚の患者、妊婦は忌避すべきとされる。授乳を終える時期に花椒を煎じ、砂糖を加えて飲むと、乳の分泌が抑えられ、乳房の張りも収まるとされる。

また、中の黒い種子を「椒目」(しょうもく)と称し、煎じたり、粉砕して「水気腫満」(水腫)、「崩中」(子宮出血)、下り物の治療に用いた。利尿作用、鎮咳作用もある。主な成分はオレイン酸パルミチン酸などの脂肪酸リノール酸メチルリノレン酸メチルなどの脂肪酸エステルで、モノテルペノイド、セスキテルペノイドも含む[9]

日本薬局方では、サンショウの成熟した果皮で、種子をできるだけ除いたものを生薬・山椒(サンショウ)と規定している。このため花椒を日局サンショウとして用いることはできない。

文化[編集]

花椒の実は多くなることから、中国では古くより子孫繁栄の象徴と見られてきた。西周の詩歌を集めた『詩経』の「唐風」は「椒聊之實,蕃衍盈升」(椒聊の実は、繁って増え、上に昇る)と記されている。また、後漢班固は『西都賦』で壁に花椒を塗った「椒房」を皇后の部屋にはとしている[10]と記し、子孫繁栄を願っていたことが伺える。

脚注[編集]

  1. ^ a b 小曽戸洋『日本薬局方』(15改正)収載漢薬の来源」、『生薬学雑誌』第61巻第2号、2007年、 p.73、 ISSN 00374377
  2. ^ Wikisource reference 神農本草經. 神農本草經. - ウィキソース. 
  3. ^ Wikisource reference 神農本草經. 神農本草經#.E6.9C.A8.E9.83.A8.E4.B8.AD.E5.93.81. - ウィキソース. 
  4. ^ Wikisource reference 神農本草經. 神農本草經#.E6.9C.A8.E9.83.A8.E4.B8.8B.E5.93.81. - ウィキソース. 
  5. ^ 滝戸道夫「薬草百話20:サンショウ」、『月刊漢方療法』第2巻第8号、1998年、 p.p.638-640。
  6. ^ Wikisource reference 李時珍. 本草綱目/果之四. - ウィキソース. 
  7. ^ Wikisource reference 李時珍. 本草綱目/果之四#.E7.A7.A6.E6.A4.92. - ウィキソース. 
  8. ^ Wikisource reference 李時珍. 本草綱目/果之四#.E8.9C.80.E6.A4.92. - ウィキソース. 
  9. ^ 李迎春ほか、「椒目超臨界二氧化碳萃取物的分析」『中薬材』2001年7期、国家食品薬品監督管理局中薬材信息中心站、広州
  10. ^ 后宮則有掖庭椒房,后妃之室

参考文献[編集]

  • 江蘇新医学院編、『中薬大辞典』、上海科学技術出版社、pp1057-1059、1986年、ISBN 7-5323-0842-1

関連項目[編集]