本草綱目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
《本草綱目》 金陵版
金陵とは南京の古称で、最初の出版地であることから初版を金陵版と呼ぶ。

本草綱目(ほんぞうこうもく)は、中国本草学史上において、分量がもっとも多く、内容がもっとも充実した薬学著作である。作者は明朝の李時珍1518年 - 1593年)で、1578年万暦6年)に完成、1596年(万暦23年)に南京で上梓された。日本でも最初の出版の数年以内には初版が輸入され、本草学の基本書として大きな影響を及ぼした。中国では何度も版を重ねたが、日本でもそれらが輸入されるとともに和刻本も長期に亙って数多く出版され、それら和刻本は3系統14種類に及ぶ[1]

解題[編集]

本書の編纂するために作者李時珍は、約27年間の歳月をかけ、三回も書き直し、800種以上の文献を参考した。また度重なる現地調査や標本採集なども並ならぬ心血を費やした。

構成[編集]

全52巻、収録薬種は1892種(374種は新収)、図版1109枚、処方11096種(うち8000余は李時珍自身が収集、確定したもの)にのぼる。薬物ごとに釈名(名称の考証)・集解(産地の注解)・正誤(それまでの文献における間違いを訂正)・修冶(製造方法)・気味主治発明処方(民間に流布される処方を収集)などの項目が立てられている。なお、第52巻には人体の薬物利用について、35の部位が収載されている。詳しくはヒトに由来する生薬を参照のこと。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「本草綱目の渡来とその普及」(下記のリンク参照)

外部リンク[編集]