李時珍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李時珍
李時珍、生家にて

李時珍(り じちん、1518年 - 1593年)は、東璧、号を「瀕湖仙人」といい、中国医師本草学者。中国本草学の集大成とも呼ぶべき『本草綱目』や、奇経や脉診の解説書である『瀕湖脉学』、『奇経八脉考』を著した。

生涯[編集]

州(きしゅう、現在の湖北省春県で現在も病院の跡が残されているという)で、代々医師を務める家に生まれた李時珍は、幼い頃から、父・李言聞(字・月池)の助手をしながら育った。

父は『医学八脈考』・『人参伝』と言った医学書を執筆するほどの名医であったが、当時の医師の社会的身分の低さから、息子には医業を継がせずに、科挙に合格して官僚になる事を望んでいた。だが、子供の頃から病弱だった李時珍は、医学への思いが絶ちがたく、23歳の時に父に懇願して、医学を学ぶ事を認めてもらうのである。

彼の医学の才能はたちまちに開花して、数年後には名医として湖北一帯に名を知られ、明の皇族である楚王までが彼を頼るようになった。そして、李時珍34歳の時に、明朝における医学の最高機関であった「太医院」に推薦を受けて、北京に赴いたのである。だが、彼には中央の役人は性に合っていなかったらしく、1年後には帰郷をして、再び地元で医業を始める事となった。

中国の本草学は、神農が全ての薬草、毒草を食べて作ったとされる(実際は後漢時代に編纂されたと考えられている)『神農本草経』を原典として、多くの増補が繰り返されてきた。だが、時代が下るにつれて、名称や薬効についての誤りや、重複、遺漏が多数含まれるようになっていった。李時珍はこれを憂慮して、新しい本草学書の編纂を志したのである。参考にした書物は800種、彼自身も多数の薬物の実物を収集して研究を重ねて26年の歳月を費やし、その間に3回の校訂を重ねて、遂に61歳の時に、『本草綱目』全52巻190万余字をもって完成させたのである。

だが、当時の医学・本草学の世界では、『本草綱目』が聖典視されていた『神農本草経』などの説や、配列・構成に対しても訂正を加えた事などから、李時珍に対して激しい糾弾が浴びせられる事となり、その出版は事実上閉ざされる事となった。だが、李時珍に理解を示す人たちの奔走で、1593年南京の出版業者・胡昇竜が出版に応じ、また時の皇帝万暦帝への献上の機会を得る事になった。だが、この直後に李時珍は病に倒れて急死してしまう。献上された『本草綱目』は万暦帝から賞賛されて、出版に便宜が図られる事になった。

この本は日本などの周辺諸国のみならず、ラテン語などのヨーロッパ語にも訳されて、世界の博物学・本草学に大きな影響を与えたのである。

著書[編集]

  • 『本草網目』
  • 『瀕湖脉学』
  • 『奇経八脉考』