貝原益軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「貝原益軒像」 個人蔵 狩野昌運筆 貝原益軒讃 1694年(元禄7年)
貝原益軒の座像(福岡市中央区・金龍寺)

貝原 益軒(かいばら えきけん、1630年12月17日寛永7年11月14日) - 1714年10月5日正徳4年8月27日))は、江戸時代本草学者、儒学者。

生涯・人物[編集]

筑前国(現在の福岡県福岡藩士、貝原寛斎の五男として生まれる。名は篤信、字は子誠、号は柔斎、損軒(晩年に益軒)、通称は久兵衛。

1648年慶安元年)、18歳で福岡藩に仕えたが、1650年(慶安3年)、2代藩主・黒田忠之の怒りに触れ、7年間の浪人生活を送ることとなる。1656年明暦2年)27歳、3代藩主・光之に許され、藩医として帰藩[1]。翌年、藩費による京都留学で本草学や朱子学等を学ぶ。このころ木下順庵山崎闇斎松永尺五向井元升黒川道祐らと交友を深める。また、同藩の宮崎安貞が来訪した。7年間の留学の後、1664年35歳の時、帰藩し、150石の知行を得、藩内での朱子学の講義や、朝鮮通信使への対応をまかされ、また佐賀藩との境界問題の解決に奔走するなど重責を担った。藩命により『黒田家譜』を編纂。また、藩内をくまなく歩き回り『筑前国続風土記』を編纂する。

『大和本草』(国立科学博物館の展示)

幼少のころから読書家で、非常に博識であった。ただし書物だけにとらわれず自分の足で歩き目で見、手で触り、あるいは口にすることで確かめるという実証主義的な面を持つ。また世に益することを旨とし、著書の多くは平易な文体でより多くの人に判るように書かれている。

70歳で役を退き著述業に専念。著書は生涯に60部270余巻に及ぶ。主な著書に『大和本草』、『菜譜』、『花譜』といった本草書。教育書の『養生訓』、『和俗童子訓』、『五常訓』。思想書の『大擬録』。紀行文には『和州巡覧記』がある。

1911年明治44年)6月1日、贈正四位

貝原益軒学習の碑[編集]

父の知行地で、益軒が幼年を過ごした福岡県飯塚市に「貝原益軒学習の碑」がある。


参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 貝原益軒『養生訓・和俗童子訓』(岩波文庫、1961年昭和36年))p.282、『口語 養生訓』(日本評論社、2000年平成12年))pp.379-380

外部リンク[編集]