神農本草経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神農本草経』(繁体字神農本草經簡体字神农本草经ピン音:Shén nóng běn cǎo jīng、ウェード式:Shennung Ben Ts'ao King しんのうほんぞうきょう[1][2][3]、しんのうほんぞうけい[2][3] または しんのうほんぞうぎょう[要出典])は、後漢から三国の頃に成立した中国本草書である。

概要[編集]

『神農本草経』は神農氏の後人の作とされるが、実際の撰者は不詳である。365種の薬物を上品・中品・下品の三品に分類して記述している。上品は無毒で長期服用が可能な養命薬、中品は毒にもなり得る養性薬、下品は毒が強く長期服用が不可能な治病薬としている[3][4]

500年永元2年)、南朝陶弘景は本書を底本に『神農本草経注』3巻を撰し、さらに『本草経集注』7巻を撰した。陶弘景は内容を730種余りの薬物に増広(ぞうこう)している。

こうして中国正統の本草書の位置を占めるようになったが、現在みることができるのは敦煌写本の残巻や『太平御覧』への引用などにすぎない。

その復元を図ったものとしては、代の盧復朝の孫星衍、日本の森立之によるものなどがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長濱善夫 『東洋医学概説』 創元社〈東洋医学選書〉、1961年、p.38。ISBN 4-422-41301-5
  2. ^ a b 日本東洋医学会学術教育委員会 『入門漢方医学』 南江堂、2002年12月、p.9。ISBN 4-5242-3571-X
  3. ^ a b c 薬学用語解説:神農本草経”. 日本薬学会 (2007年10月11日). 2010年8月20日閲覧。
  4. ^ 大塚敬節 『漢方医学』 創元社〈創元医学新書〉、1990年2月1日(原著1956年7月25日)、第3版、p.p.38-39。ISBN 4-422-41110-1

外部リンク[編集]