麻辣味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
麻辣味の代表料理。麻婆豆腐。上にかけてある黒い粉が花椒

麻辣味(まーらーあじ、マーラーウェイ)は花椒(かしょう、ホアジャオ、中華山椒)と唐辛子による中華料理の味付け。

唐辛子の舌がヒリヒリするような辛さである「辣味」(らつみ、ラーウェイ)と、花椒の舌が痺れるような辛さである「麻味」(まみ、マーウェイ)の二種類の異なった「辛さ」により構成される。味を形容する漢字が異なるように、中国語で「麻味」というと日本語の辛いを意味する「辣味」と区別される。

麻味は五味には数えられていないが、中華料理で重要な位置を占める味付けである。花椒の風味や辛味は日本の山椒と異なるため、山椒での代用は難しい。中国料理台湾料理で広く使われる味付けだが、特に四川料理の特徴とされる。麻辣味を使った料理は麻婆豆腐麻辣火鍋、麻辣臭豆腐などがある。

日本では麻辣味(マーラー味)と銘打ったスナック菓子インスタント食品がまれに作られる。