甘粛省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
甘粛省
簡称: 甘 / 隴 (拼音: Gān / Lǒng)
甘粛省の位置
簡体字 甘肃
繁体字 甘肅
拼音 zh-Gansu.ogg Gānsù[ヘルプ/ファイル]
カタカナ転記 カンスー
省都 蘭州市
最大都市 蘭州市
省委書記 王三運(前安徽省長、元福建省委副書記)
省長 劉偉平(代理、元青海省党委副書記、元江西省南昌市長)
面積 454,000 km² (7位)
人口 (2004年)
 - 人口密度
26,190,000 人 (22位)
57.7 人/km² (27位)
GDP (2008年)
 - 一人あたり
3,176 (27位)
12,110 (30位)
HDI (2006年) 0.687 () (28位)
主要民族 漢民族 - 91%
回族 - 5%
ドンシャン - 2%
チベット族 - 2%
地級行政区 14 個
県級行政区 86 個
郷級行政区 1,344 個
ISO 3166-2 CN-62
公式サイト
http://www.gansu.gov.cn/

甘粛省(かんしゅくしょう / カンスーしょう、中国語: 甘肃省英語: Gansu)は中華人民共和国北西部にある省級行政区である。省都は蘭州市

地理[編集]

中国大陸の北西に位置し、西に新疆ウイグル自治区青海省、北に寧夏回族自治区内モンゴル自治区、南に四川省、東に陝西省と接している。

黄河が省中央部を横断し、省域は西北に向かって長く延びる。これを河西回廊という。中国から西域への通路であり、代には中国の領域は嘉峪関で尽きるとされた。

歴史[編集]

古くからモンゴル、西域に接する重要な場所であり、代には涼州と呼ばれ、北宋代に甘州と粛州があった。西夏王国がこれらを併せて甘粛軍司を設置したのが、甘粛の名の起こりである。元代に甘粛行省が設置され、省級レベルの行政区となった。代に甘粛省が成立した。

民族[編集]

寧夏と同様、イスラム教徒回族が多く、蘭州はイスラム都市の観を呈している。チベット人の自治州が南部に、自治県が西北部にある。

行政区画[編集]

甘粛省は次の12地級市(地区クラスの市)、2自治州を管轄する。

甘粛省の行政区画 # 名称 政庁所在地 中国語表記
拼音
人口 (2010)
Gansu prfc map.png
地級市
1 酒泉市 粛州区 酒泉市
Jiǔquán Shì
1,095,947
2 嘉峪関市
/
嘉峪关市
Jiāyùguān Shì
231,853
3 張掖市 甘州区 张掖市
Zhāngyè Shì
1,199,515
4 金昌市 金川区 金昌市
Jīnchāng Shì
464,050
5 武威市 涼州区 武威市
Wǔwēi Shì
1,815,054
6 白銀市 白銀区 白银市
Báiyín Shì
1,708,751
7 蘭州市省都 城関区 兰州市
Lánzhōu Shì
3,616,163
10 定西市 安定区 定西市
Dìngxī Shì
2,698,622
11 隴南市 武都区 陇南市
Lǒngnán Shì
2,567,718
12 天水市 秦州区 天水市
Tiānshuǐ Shì
3,262,548
13 平涼市 崆峒区 平凉市
Píngliàng Shì
2,068,033
14 慶陽市 西峰区 庆阳市
Qìngyáng Shì
2,211,191
自治州
8 臨夏回族自治州 臨夏市 临夏回族自治州
Línxià Huízú Zìzhìzhōu
1,946,677
9 甘南チベット族自治州 合作市 甘南藏族自治州
Gānnán Zāngzú Zìzhìzhōu
689,132

教育[編集]

友好提携[編集]

重要施設[編集]

世界遺産[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 秋田県・甘粛省交流事業 - 秋田県

関連項目[編集]

外部リンク[編集]