ドンシャン族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東郷族

ドンシャン族(東郷族)、またはトンシャン族中国語簡体字东乡族)は中華人民共和国に居住するモンゴル系民族、中国政府によって認定された55個の少数民族の一つ、サルタ(撒爾塔;Sarta)と自称している。イスラム教を信仰し、2000年の人口調査で人口が513,805人。

ドンシャン族の大半は甘粛省臨夏回族自治州およびその周辺、一部が新疆ウイグル自治区青海省及び寧夏回族自治区に居住している。

起源[編集]

ドンシャン族は元々モンゴル系民族の一支で、中央アジアテュルク系民族との接触の中で13世紀スンニー派イスラム改宗したことによって独自のアイデンティティが出来上がったと推測されている。

そのほかに、ドンシャン族はチンギス・ハーン河州一帯に駐屯させたモンゴル兵の子孫、またはモンゴル族漢族チベット族などの混交の結果に形成された民族などの推測もある。

文化[編集]

ドンシャン族の服装は町によって異なっていて、は大抵褐色を帯びた黒色の服、はイスラムの伝統的なドレスを着用している。

ドンシャン族は主に農業に従事しており、ジャガイモとうもろこし小麦を主に栽培している。また工芸にも優れており、伝統的な絨毯を精巧に編む。

言語と教育[編集]

ドンシャン族はモンゴル語群に属するドンシャン語英語版: Dongxiang language)を話す。ドンシャン語は固有の文字を持たないため知識の伝承は口伝またはアラビア文字に頼っていた(小児経の項を参照)。中国政府の調査によれば、ドンシャン族の識字率は中国の少数民族の中でも最低で、ドンシャン族が学校で学んだ時間の平均は1年ほどしかない。

関連項目[編集]