ハニ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハニ族
哈尼族
ハニ族
典型的な子供用の頭飾りを身につけた少女(雲南省)
総人口

約150万人

居住地域
雲南省ミャンマーベトナムラオス
言語
ハニ語(アカ語)
関連する民族

イー族ラフ族

ハニ族、雲南省
ハニ族、雲南省

ハニ族(ハニぞく)は中華人民共和国少数民族のひとつ。中国語では「哈尼族」と表記する。主に雲南省西南部、紅河西側の哀牢山区にある新平、鎮源、墨江、元江、紅河、元陽、緑春、金平、江城などの県に住む。2000年の人口調査によれば、ハニ族人口は1,439,673人であった。雲南省の少数民族としてはイ族ペー族に次いで多い。

概要[編集]

行政的には雲南省紅河ハニ族イ族自治州を構成するほか、西隣の普洱市寧洱ハニ族イ族自治県元江ハニ族イ族タイ族自治県墨江ハニ族自治県江城ハニ族イ族自治県がある。

ミャンマータイラオスにおいてはアカ族英語版の名で知られている。

言語[編集]

言語はシナ・チベット語族チベット・ビルマ語派イ語グループに所属するハニ語を使用する。言語的には雲南省北部のナシ族リス族及びイ族に近い。ハニ語は3つの方言に分かれ、その発音や語彙の差が大きいために、違う方言との会話は困難である。しかし、文法的な差は小さい。もともと文字はなかったが、1957年に政府の援助によりラテン文字を基礎とする民族文字が作られた。

歴史[編集]

ハニ族の先民は古代の和夷であろうといわれている。和夷は、和泥、和蛮とも称され、古羌人が分かれたもので、4世紀から8世紀に雲南西南部に移動した。代には南詔の支配を受け、代に雲南行省の元江路軍民総管府となった。 代、ハニ族首領は土司に任命され、代には一部で改土帰流が行われたが、思陀、溪処、落恐、左能などの土地の土官は存続し、土司が依然としてこれら地区の統治者であった。

中国成立後、1952年には県と同レベルの紅河ハニ族自治区が作られ、1957年11月に蒙自専区との合併によって、紅河ハニ族イ族自治州と変わった。

1954年5月には江城ハニ族イ族自治県が、1979年11月には墨江ハニ族自治県が、1980年11月には元江ハニ族イ族ダイ族自治県が作られている。

文化[編集]

風俗習慣[編集]

ハニ族は山の中腹に住み、山勢に依って村寨を建てる。家屋は石で基礎を作り、土壁を用いる。 衣服は青色が多く、男子は黒色の頭巾を被る。青年男女は自由恋愛を認められるが、結婚には父母の承認が必要である。

結婚後は厳格な一夫一妻制が行われる。ハニ族には古羌人の父子連名制の伝統が残る。これは父の名前の後を取って、子の名前の初めとするものである。

食文化[編集]

ハニ族は伝統的に1日2食で、コメを主食とし、トウモロコシを補助的なカロリー源としている。コメは白飯に炊いて食べるほか、ビーフン等にも加工する。エンドウからゼリー状の涼粉を作り、大豆豆腐を作る。発酵食品として、野菜の漬物メンマの類、トウチなどがある。 ブタニワトリや山で取れた獲物を使った炒め物、焼き物の肉料理や、血を固めたゼリー、魚のスープ肉、の子のすり身などの動物性食品も多用する。味付けは唐辛子コリアンダーショウガニンニクの芽、トウチなどを用いた、刺激が強く濃厚なものが多い。火を神聖なものと見ているため、飯などの煮物と、動物の焼き物を別の場所(別の火)で行う伝統がある。また、客をもてなす際には、男女が別の部屋で食べたり、長街宴が開かれたりする。

五穀豊穣を祈る目的で、初夏に田に出てイナゴを取って食べる祭りを行う。 棚田では鯉の稚魚を放し、稲とともに収穫する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]