ラフ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラフ族の少女達

ラフ族中国語:拉祜族;ピンイン: Lāhùzú;彼ら自身の呼び方: Ladhulsi、Kawzhawd;ベトナム語: La Hủ)は、東南アジアに暮らす少数民族グループのひとつ。

中華人民共和国の公式に認定されている56の少数民族のうちのひとつで、雲南省に45万人が暮らすと言われている。ミャンマーに15万人暮らす。タイには10万人が暮らし、6ある山岳民族のうちのひとつである。ラオスに1万人。ベトナムでは1500人が暮らし、54の民族グループのうちのひとつ。

従前、焼畑農業を基軸とした生活を続けてきたが、なかには定置型農業を学ぶものも出ている。独自の民族色を保ちながら次世代に定置農業を教えようとする者もおり、独自の農業学校なども生まれている。 一方で、農業自体から離れタイの都市部に出て働くラフ族も多い。

言語的には、ロロ諸語英語版のひとつであるラフ語英語版を話す。ラフ語の基本構文は日本語と同じくSOV型をとり、文法や発音が容易なため、山岳民族間のリングワ・フランカの様相を呈している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]