ローバ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローバ族、ロパ族
総人口

約60万人

居住地域
中華人民共和国の旗 中国 2300人(2000年)
インドの旗 インド 約57.5万人(2000年)
言語
ローバ語義都語蘇竜語崩如語チベット語
宗教
ボン教シャーマニズム
関連する民族

チベット系民族

ローバ族中国語:珞巴族)は主に中華人民共和国チベット自治区山南地区ニンティ地区インド北東部の少数民族のひとつ。ロパ族とも和訳される。全人口は中国国家民族事務委員会発表では1980年代頃は約30万人であったが、現在は約60万人としている。

中国国内のチベット自治区に居住する人口は2000人台と少ない。チベット仏教を信仰していないという点で、チベット族とは異なる。そもそもローバの意味自体が、チベット族からみて「南方の人」を表現する言葉に由来する[1]

出典[編集]

  1. ^ 松岡格 (2008年). 中国56民族手帳. マガジンハウス. p. 74ページ. ISBN 978-4-8387-1887-0.