アチャン族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アチャン族
Achang woman brocade dress - Yunnan Nationalities Museum - DSC04291.JPG
アチャン族の女性の衣装
総人口

3万6000人(2000年)

居住地域
中華人民共和国の旗 中国雲南省 3万3963人(2000年)
ミャンマーの旗 ミャンマーシャン州 1700人(1983年)
言語
アチャン語
宗教
上座部仏教アニミズム祖霊信仰

アチャン族阿昌 ā chāng)は中国少数民族の一つ。2000年の第5次全国人口普査統計では人口は33,936人で、中国政府が公認する56の民族の中で39番目に多い。

居住地域[編集]

使用言語[編集]

  • シナ・チベット語系チベット・ビルマ語派ビルマ語支に属する阿昌語を使用。
  • 梁河、隴川、潞西など3つの地区の方言がある。
  • 自民族の文字はなく漢字と族の文字を使用する習慣がある。

歴史と概要[編集]

  • 漢語の史書の中で、阿昌は、“峨昌”、“莪昌”、“俄昌”と呼ばれたことがある。
  • その先住民は早い時期から雲南省北西部の金沙江、瀾滄江、怒江流域一帯で生活していた。
  • 居住地区の違いによって、“”、“撒”、“漢撒”と呼ばれたこともある。
  • 西暦13世紀に、何度もの移住を通じて、次第に現在住んでいる地域に定住するようになった。
  • 阿昌族の人々は防衛のため辺境地帯に駐屯していた兵士たちから水田を耕作し、鉄器を作る技術を学び、農業と手工業との分業を推し進め、商品経済が初歩的な発展をとげた。
  • 代と代の頃に、阿昌族居住地区は南詔と大理の管轄下に置かれた。
  • 代と代の頃には、阿昌族は族長制度を実行するようになった。
  • 新中国建国以前、阿昌族地区は封建的な領主経済のもとに置かれ、地主経済も一定の発展をとげた。その頃の領主の多くは族の族長で、地主はほとんどが漢民族であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]