メンパ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メンパ族
チベット語 མོན་པ་
ヒンディー語 मोनपा
中国語 门巴族
メンパ族の少年
総人口

78,000人

居住地域
インドの旗 インド(アルナーチャル・プラデーシュ州) 50,000人
中華人民共和国の旗 中国(チベット自治区) 25,000人
ブータンの旗 ブータン 3,000人
言語
メンパ語英語版を中心とする東Bodish諸語英語版ツァンラ語チベット語リンブー語英語版
宗教
チベット仏教ボン教
関連する民族

チベット系民族Sharchops族英語版メンバ族英語版リンブー族英語版Sherdukpen族英語版

メンパ族(门巴 mén bā)はチベット系の民族のこと。主にチベット自治区メトクニンティツォナなどに居住する。一部はメド地区に住んでいる。

概要[編集]

シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派に属するメンパ語を話す。メンパ語は大きく“錯那門巴語”と“墨脱門巴語”の2方言に分けられる。“錯那門巴語”は、達旺を中心とした門墨地区で使われる4方言の1つであり、“墨脱門巴語”は、おもに主目と自称するメンパ族が話す倉洛語に属している。これらの言語は、音声、語彙や語法の構造がそれぞれ異なり、互いの日常会話は不可能。自民族の文字がなく、チベット文字が通用している。

メンパ(門巴)族の総人口は4万人余りだが、大部分は中国インド国境地帯の東部マクマホン・ライン以南のインド側に居住しているため、現在中国領内に居住するメンパ族は7498人しかいない。

メンパとは“門隅に住む人”という意味で、その意味のとおりメンパ族の祖先が住んでいた地域は、チベット自治区門隅南部の門隔地区で、約200年前、一部の人々がチベット自治区メトク県まで東へ移動した。

西暦800年頃、ラサチョカン寺に建てられた石碑に記されている“孟族”がメンパ族の祖先とされている。 門隔地区は、7世紀吐蕃王国の支配下に入り、13世紀にチベットの一部分となり中国の版図に組み込まれた。 メンパ族は封建農奴制度の下でチベット族の制圧を受け、経済や宗教、文化など多方面に影響が及んでいる。

メンパ族では、伝統的には焼畑農業が行われていたが、現在は常畑農業に従事し、牧畜や手工芸も兼業している。

メンパ族はチベット族同様、チベット仏教を厚く信仰しており、ラマ僧として出家する人も多い。これまでにダライ・ラマ6世ツァンヤンギャムツォなど高僧を出したこともある。

関連項目[編集]