ペー族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペー族
中国語 白族
Bai 5.JPG
総人口

1,861,895人(2000年)

居住地域
中華人民共和国の旗 中国(雲南省、貴州省、湖北省、湖南省)
言語
ペー語中国語
宗教
仏教本主教英語版
関連する民族

漢民族

ペー族(自称: ペーホー Baipho、ペーツィー Baipzix、中国語: 白族 Bái zú、英語 Bai)は、中国雲南省大理ペー族自治州を中心に住む民族2000年の統計では人口1,858,063人。内、約124万人はシナ・チベット語族チベット・ビルマ語派ペー語を話し、残りは主に中国語を使用している。雲南省以外では、貴州省畢節地区四川省西昌市湖南省桑植県ミャンマー北部などにも分布している。

未婚女性が頭に巻き付ける白い羽根飾りが特徴的で、民族名の由来となっている。漢族からは「白人」、「民家」などと呼ばれていたが、1956年に大理に自治州を設立する際に、正式に白族の名が定められた。

かつては大理国を作っていたが、漢族との交流の歴史も長く、ペー語を、漢字を借用したり、漢字の構成方法を応用して作った漢字風の文字を組み合わせて記述したり、借用語として多くの漢語をペー語に取り入れている。文法的にも漢語の影響をうけ、基本語順が漢語と同じSVO型になっている。

牧畜の歴史が長く、乳製品を作っており、特に中国語で乳扇と呼ばれているチーズは特徴的である。漢族雲南料理同様に、トウガラシで辛く味付けした料理が多い。を主食にしたり、ワサビを食用にするなど、日本人と共通する文化も見られる。

ペー族の人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]