ルーシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーシャンの網焼き

ルーシャン:乳扇 rǔshàn)は、中華人民共和国雲南省大理ペー族自治州に住むペー族(白族)が作る伝統的なチーズの一種である。ペー語では yenx seinp (ユンセン)という。

製法[編集]

ウシ科スイギュウまたはウシを材料に、脱脂し、によるタンパク質凝固分離を行う。この状態で丸めたものは「ルービン」(乳餅)というが、これを薄く板状に伸ばしたものがルーシャンとなる。これをさらに乾燥させるものもある。

利用[編集]

乾燥させたものは、大きいまま油でパリパリに揚げて、塩をまぶしてたべたり、細かく刻んで三道茶と呼ばれるもてなし用の茶の内、2番目に出す甘い茶に入れたりする。乾燥させないものは、切って雲南ハムなどと共に蒸して料理としたりする。

ルーシャンを使った郷土料理は雲南省の省都昆明のレストランでも食べられる。