シャン族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャン族

シャン族とはインドシナ半島に広がっているタイ系諸族の一つで、タイ国のタイ人を構成する小タイ族(シャム人)などと同系の民族である。シャン(Shan)、タイ・ヤイ(Thai-yai)、パイ・イ(Pai-y)ともいわれ、中国人はこれを擺夷・白夷とも呼んでいる。一般にはミャンマーシャン州の平地に住んでいるシャン人をさしている。

なおシャンとはタイ族を呼ぶために外国が用いていたシャムの語がビルマ語風になまった物である。

ちなみにタイ王国内における標準タイ語ではシャン族のことを主にタイ・ヤイ (大タイ族, ไทใหญ่) と呼ぶ。また、ギアオ (เงี้ยว)、タイ・ルワン (ไทยหลวง) などの呼称もある。

民族性[編集]

シャン族は5つの主要集団に分類することができる。中国では、タイ・ルー族とタイ・ヌーア族をタイ族に分類する。居住地域に従ってシャン族を分類する場合、ビルマ・シャン(Burmese Shan)、中国シャン(Chinese Shan)、カムティ・シャン(Khamti Shan)の三種に大別する場合もある。:

民族名 英語 ミャンマー語 タイ語 居住地域
タイ・ヤイ族 Tai Yai or "Shan Proper" တႆးယႂ်ႇ ไทใหญ่ シャン州
タイ・ルー族 Tai Lue (Tai Lü) တႆးလိုဝ်ႉ ไทลื้อ 西双版納タイ族自治州(中国)またはミャンマー東部各州
タイ・クーン族 Tai Khuen တႆးၶိုၼ် ไทขึน シャン州チャイントン英語版の多数派
タイ・ヌーア族 Tai Neua (Tai Nüa) တႆးၼိူဝ် ไทเหนือ 徳宏タイ族チンプオ族自治州(中国)
タイ・カムティ族 Tai Khamti (Tai Khampti) คำตี่ アッサム州(インド)またはマニプル州(インド)

勢力[編集]

人口は約200万でミャンマー国内ではビルマ人に次ぐ。政治的には自治州としての形態を保っている。各州内には村民に選出された村長がいる。親族の組織は単純で、氏族のような単系的親族集団は見られず、夫婦とその子供からなる「小家族」が村組織の単位をなしている。

なお、タイ国内にもシャン族が住んでおり、北部メーホンソーン県にはシャン語を母語とする集団が存在する。

生活[編集]

古くからの稲作農耕民で、人工灌漑水田水牛によってで耕す。のほかにトウモロコシ類、サトウキビ果物の栽培も盛んである。家は全て東南アジア特有の抗上家屋の様式をとり、床下は多く畜舎として利用されている。

宗教[編集]

ビルマ人・タイ人ラオス人などと同様に上座部仏教を信仰し、村落には必ずワットといわれる寺院がある。シャン人の男性は原則として一生に一度はとしての修行を積むことになっているが、僧の権力は非常に強い。仏教の他に、ピーまたはナットと呼ばれるアニミズム崇拝も深く浸透している。過去には男に入墨をする習俗があったが、現在では殆ど消滅している。

難民キャンプ[編集]

主にシャン族が居住する難民キャンプは1カ所ある。

キャンプ名
ウィエンヘーン難民キャンプ チエンマイ県 ウィエンヘーン郡

関連項目[編集]