モン・クメール語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モン・クメール語派インドシナ半島とその周辺で用いられる一群の言語である。人口の多いものではベトナム語クメール語モン語などがあるが、これ以外は少数民族の言語である。この地方に現在多いタイ・カダイ語族シナ・チベット語族よりも古くから用いられていた語群と考えられ、インドのムンダ語派とともにオーストロアジア語族を構成するとされる。しかしこの語派分類は近年再検討され、モン・クメール語派の範囲を狭めたり(Diffloth 2005)、完全に解体してムンダ語派と一緒にしたり(Peiros 1998)する意見もある。ベトナム語を含むベト・ムオン語群のみ声調言語であるが、これはタイ・カダイ語族や中国語の影響と考えられる。

分類(ほぼDiffloth [1974、Encyclopedia Britannica] による分類に基づき、その後明らかになった言語も含む)