タイー族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイー族
総人口

約150万人(2001年)

居住地域
カオバン省ランソン省バックカン省タイグエン省クアンニン省バクニン省バクザン省
言語
タイー語
宗教
アニミズム仏教道教

タイー族(タイーぞく、Người Tày)はベトナムに住む少数民族である。人口は150万人ほどで、ベトナムでは、主要民族のキン族に次いで人口が多く、53少数民族の中で最大である。中国との国境に近い東北部山間部ではヌン族英語版と共に主要のタイ系民族である[1]

名称[編集]

言語(タイー語)と共に「タイー」と表記し、同じくタイ・カダイ語族で2番目に多い少数民族のタイ族タイ王国の75%を占める民族)と区別されることが多い。特にベトナム国内の「タイ族」は、「ターイ族」とも書かれる。ベトナム語においてTày(タイー)は、Thái(タイ、ターイ)に対してカタカナに現れるような母音の長短による区別ではなく、子音声調による区別をするものであり、タイとは伸ばさないが、中国語(: 岱依族)ではDài yīとなっている。

また、かつてタイー族は、トー族英語版と呼ばれていたが、現在はまったく別の民族(ベト・ムオン語群、人口20番目)がトー族と呼ばれている[2]

歴史[編集]

1990年代にカンボジア国境の中部高原へ大量移住し、民族問題となった[1]

著名な人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b タイー族・ヌン族の国内移住の構造 伊藤正子
  2. ^ タイー族 世界民族博覧会