タイの民族一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイの民族一覧

タイ王国では、国土を四分する地域(中央部・北部・東北部・南部)によって構成する諸民族が異なる。中央部はタイ・ノイと呼ばれるタイ人と華人が多く、北部はタイ・ヤイ、タイ・ムアンと呼ばれるタイ人と山地民、東北部ではイサーン系、そして南部ではムスリムのマレー系がそれぞれ多い。しかし、どの地域も民族的に多様であることに変わりない。

タイ人[編集]

上に述べたように、タイ国内にはタイ系諸部族とその下位グループが多数存在する。現在では、華人モン族(Mon)はタイ族に同化しつつある。

チャオ・カオ(山地民)[編集]

山間に暮らす代表的なグループには、カレン族モン族(Hmong)、アカ族ラフ族ヤオ族リス族などがいる。チャオ・カオ(山地民)と蔑称されるが、都市部に出稼ぎに出る者は少なくない。

チャオ・タレー(海洋民)[編集]

モーケンは別名チャオ・タレー(海の民)として、主に南部で知られる。

プー・オッパヨップ(移民・難民)[編集]

華人を筆頭に、近隣諸国(カンボジアラオスミャンマーマレーシア)からの移民・難民はかなりの数にのぼる。

ケーク(南アジア系)[編集]

スリランカインドパキスタンといった南アジアの移民はケーク(お客)と呼ばれる。インドネシアフィリピンからの移住者も含まれることがある。

その他[編集]

首長族はしばしば自民族のように扱われるが、実はミャンマーからの移住労働者である。