コーカン族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コーカン族英語 Kokang people、中国語 果敢族 Guŏgănzú)はミャンマービルマ)の民族集団。中国から移住した漢民族華人)で、中国語北方方言西南官話を話し、主にミャンマー東北部のシャン州コーカン地区に居住する。

なお、コーカン族にはヤンゴンなど他の都市部や地域に住む華人は含まれていない。

概要[編集]

コーカン族の祖先は、17世紀雲南省から移住した朝の遺民であると考えられ、姓の土司が支配した。1885年イギリスが上ビルマを併合した後も、楊氏は事実上の藩王とみなされ、依然としてコーカン地区の実権を握っていた。ビルマ独立後は上ビルマと下ビルマが統一され、土司政権は終わりを告げた。その後の内戦を経て、コーカンは「ミャンマーシャン州第一特区(コーカン)」となった。

1997年の推計で、コーカン族は近年雲南省から移住した人々と合わせてミャンマーの中国系住民の30~40%を占める。コーカン族の軍隊はミャンマー民族民主同盟軍(MNDAA, 緬甸民族民主同盟軍en)と呼ばれ、2009年8月にはミャンマー軍事政権と衝突するコーカン事件(en)がおこった。

関連項目[編集]