SOV型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
語順

SOV型(SOVがた)とは、文を作るときに、一般に主語 (Subject) - 目的語 (Object) - 動詞 (Verb)の語順をとる言語のこと。例えば日本語の文の「私は りんごを 食べる。」では、"私は"が主語(S)、"りんごを"が目的語(O)、"食べる"が動詞(V)である。言語類型論による調査では、世界の言語の約45%がSOV型言語である。

主な言語[編集]

日本語ドイツ語オランダ語琉球語アイヌ語韓国語アルタイ諸語インド・イラン語派アルメニア語ドラヴィダ語族チベット・ミャンマー語派アムハラ語ナバホ語ケチュア語アイマラ語バスク語シュメール語アッカド語エラム語ヒッタイト語などがこの型をとる。ラテン語サンスクリットでは多様な語順が認められるが、最も頻出する語順はSOV型である。またロマンス語では、目的語が代名詞の場合、この語順になる。アル=サイード・ベドウィン手話のように自然発生から100年とたたない視覚言語が、周囲のアラビア語などと異なるSOV型語順を自然にとるようになったことも注目される。

ドイツ語およびオランダ語はSOV型のV2語順(動詞第二位)と分析される。平叙文ではV2のため一見SVO型に見える。

特徴[編集]

SOV型言語には以下の特徴があることが多い。

  • 動詞の後に助動詞を置く。
    日: 食べて しまう
    独: gegessen haben
  • 名詞の前に形容詞を置く。
    日: 赤い りんご
    独: der rote Apfel
  • 後置詞を用いる。
    日: 日本
  • 標識がある。
    日: 男/男
    独: der Mann/den Mann
  • 副詞は時間、様態、場所の順に並ぶ。
    日: 昨日 電車で 東京に 行った。
    独: Ich bin gestern mit der Bahn nach Tokio gefahren.
  • 語順が比較的自由である。
    日: 私が りんごを 食べる。 / りんごを 私が 食べる。
    独: Ich esse den Apfel. / Den Apfel esse ich.
  • 疑問詞を移動しない。
    日: これは ですか。

関連項目[編集]