インド・イラン語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インド・イラン語派とは、インド・ヨーロッパ語族サテム語派の一部。約四千年前、インド・イラン祖語英語版はさまざまな言語に分化して、やがてイランインドの諸古典語になった。その諸古典語のなかにはアヴェスター語サンスクリット語古代ペルシア語英語版などがある。次第にその古典語から現代的言語のヒンディー語ペルシア語になっていった。 また歴史的にこれらの言語はアラビア語の影響を強く受けた言語が多く、またインド語派の諸言語はドラヴィダ諸語に大きな影響を与えた。

古典語はインド・ヨーロッパ語の基本的な形式をよく保っているが、現代語では大きく変化し、例えば名詞のを失ったもの(現代ペルシア語ベンガル語など)もある。

インド・イラン語派の諸言語[編集]

インド・イラン語派の諸言語:

インド語派:

ダルド語派:

ヌーリスターン語派:

イラン語派:

関連項目[編集]