疑問詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

疑問詞(ぎもんし)とは、疑問文において焦点となる定性の人や物を示すである。

日本語[編集]

日本語の疑問詞は代名詞(どれ、どちら、どなた、どこ、だれ、いつ、いくつ:一部副詞的にも用いられる)、連体詞(どの)、副詞(どう、なぜ)に分けられる。

英語[編集]

英語などでは、疑問代名詞、疑問限定詞、疑問副詞の 3 つに分類される。疑問詞は疑問文を作るのに用いられる。また疑問詞が名詞節を導く場合もあり、こうした文は間接疑問文と呼ばれる。間接疑問文は「?」ではなく「.」で終わる。to不定詞の前に疑問詞を付けて用いることもある。疑問詞付き to 不定詞は名詞的用法のみを持つ。

英語も含め、疑問詞が必ず文頭に来る規則(wh-移動)を持つ言語が多くみられる。

疑問代名詞[編集]

代名詞として用いられる。what, which, who の 3 つがある。

疑問限定詞[編集]

限定詞として用いられ、名詞を修飾する。what, which, whose の 3 つがある。

疑問副詞[編集]

副詞として用いられ、動詞などを修飾する。when, where, why, how の 4 つがある。how は how many, how much, how long, how old のように形容詞副詞を伴って用いられることもある。

エスペラント[編集]

エスペラントの関係・疑問の相関詞は疑問詞としても用いられる。

疑問代名詞[編集]

ものをたずねるとき、たずねるものが主格であるときは kio を、たずねるものが目的格であるときは kion を使う。また人をたずねるとき、たずねる人が主格であるときは kiu, kiuj を、たずねる人が目的格であるときは kiun, kiujn を使う。-n は対格・目的格の語尾で、-j は複数語尾である。

  • Kio estas tio? (それは何ですか?)
  • Kion vi havas? (君は何を持っているの?)
  • Kiuj venkis vin? (誰が君たちに勝ったんだ?)
  • Kiun vi atendas? (君は誰を待っているんだ?)

疑問限定詞[編集]

指示「どの~」とたずねるときは kiu, kiuj, kiun, kiujn を使う。状態や様子「どんな~」と尋ねるときは kia, kiaj, kian, kiajn を使う。kia は補語にもなる。所有「だれの~」をたずねるときは kies を使う。時々「何番目の」という意味で kiom の派生語である kioma が使われる。

  • Kiu knabo estas via frato? (どの少年が君の兄弟ですか?)
  • Kian rakonton vi legas? (君はどんな物語を読んでいるのですか?)
  • Kiaj estas ili? (彼らはどうですか?)
  • Kies libro estas tio? (それは誰の本ですか?)

疑問副詞[編集]

場所をたずねるときはkie、方向をたずねるときはkien、時をたずねるときはkiam、方法をたずねるときはkiel、理由をたずねるときはkial、量をたずねるときはkiomを使う。

  • Kie estas vi? (君はどこにいるの?)
  • Kien vi iris? (君はどこに行くの?)
  • Kiam estas nun? (今何時?)
  • Kiel vi venis? (君はどうやって来たの?)
  • Kial vi venis? (君はなぜ来たの?)
  • Kiom tio kostas? (それはいくらですか?)
  • Kiom da homoj estas? (どのくらいの人がいますか?)

関連項目[編集]