出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(ご、英語: word)とは、言語の構成単位の一つであり、一つ以上の形態素からなる。語が集まることでが作られる。例えば「鳥が鳴く」という文は、「鳥」「が」「鳴く」の三つの語からなる。

文法的な役割を持つ語を機能語、それ以外の一般的な意味を持つ語を内容語という。一つの形態素からなる語を単純語、複数の形態素からなる語を合成語という。

語の厳密な定義は各言語によるが、一般に以下の性質がある。

  • 発音上、まとまっている(接語を除く)。
  • 意味を変えずに分割できない(接中辞分離接辞を含む語を除く)。
  • 単独で質問の答になり得る(機能語を除く)。

語は複数の語形を持つことがある。これは屈折語に顕著である。例えばドイツ語動詞 lieben は、現在形に liebe, liebst, liebt, lieben の 4 種類がある。

また多総合語では、多くの接辞がつながって、一つの語が文に当たる内容を持てる。たとえばユピク語の angyaghllangyugtuq は「彼は大きな船を手に入れたい」という意味の語である。

日本語では伝統的に自立語付属語に分けられるが、付属語のうち助詞は接尾辞ではなく接語であり、助動詞 (国文法) の多くは接尾辞または活用語尾と見なされるべきものである。

一般に表音文字を使う場合、語の切れ目を空白などで示す。しかし空白は必ずしも語の切れ目ではない。例えば英語ice cream は 2 語のように書かれるが、固定した独自の意味があり、間に他の形態素を入れたり順番を変えたりできないので、1 語である。固有名詞もまた、どれほど長くても 1 語である。空白は語の中で最上位の形態素の切れ目ですらないこともある。例えば英語の複合語 New YorkerNew York-er からなるのであり、NewYorker からなるのではない。

関連項目[編集]