接中辞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

接中辞(せっちゅうじ、: infix)とは、接辞の一種で、語幹の中に割り込むもの。オーストロネシア語族の言語によく見られる。グロス表記では、角括弧(‹xxx›)で表記される。

[編集]

  • タガログ語で sulat は書くことを意味する名詞である。これに接中辞 ‹um› を加えたsumulat は書くという意味の動詞である。
  • 古代ジャワ語では接中辞 ‹a› を加えて未来形をあらわす。