ワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワード: word)は、コンピュータで扱うデータ量の単位。バイト同様、コンピュータやプロセッサによってワードの定義は異なるが、現在の多くのCPUでは16ビット32ビット。バイトと同様にデータ量の単位として、また1ワードのデータ自体を表す言葉として使用される。

演算等の処理は8ビットCPUでは8ビット単位で行われる。16ビット、32ビットなどのCPUではそれに加えて16ビットや32ビットなどを単位としても処理を行える。そのような場合にその処理単位をワードと表現した。

そのため、ワードの大きさはコンピュータが一括して取り扱える情報量を基準にしている場合がある。これはCPUのレジスタ長などによって決まるが、ワードの大きさに明確な基準があるわけではなく、CPU設計者の定義による。

一方、コンピュータによっては、ワードが演算等の最小単位になっているものもある。このようなコンピュータの場合、1ワードが12ビット、16ビット、36ビットなどで構成され、そのビット単位でレジスタ演算やメモリとのやり取りが行なえる。メモリアドレスもワード単位である。

現在ではCPUによってレジスタ長などのハードウェア構成とは直接関係なく2バイトを表すこと多い。それらのCPUはワードよりも大きい単位でもデータを扱える。

関連項目[編集]