出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(ぶん)とは、一つの完結した言明を表す言語表現単位である。基本的には主語述語(一方が省略されることもある)からなる。ただし、これに加えて話題(主題、題目)が重視される場合もある。

主述関係[編集]

まず主語と述語を基本的関係(主述関係)とする文について説明する。主語はふつう名詞からなる。言語によって主語は省略できたり、あるいは述語に抱合された形(分離できない)で表現されたりする。述語は動詞句(または それに相当するもの)で、動詞類、あるいはそれに加えて目的語補語副詞句などからなり、主語が関係すること(意味的には主語の状態、主語が起こす動作、主語が受ける行為など)を陳述する。

述語による分類[編集]

文は述語の形によって分類される。「A(主語)はB(補語)である」つまりA=Bの形の文を名詞文(コピュラ文)といい、述語が動詞などからなる文を動詞文と いう。多くの言語にこの区別があり、名詞文の動詞に相当するコピュラ(「である」)を使わない言語(「AB」という)も多い。

英語など多くの言語では、形容詞を述語とする場合にも名詞文と同じ形式をとる。一方、形容詞が動詞と同じまたは似た形式をとる言語もあり、この場合は形容詞が述語となる。例えば日本語では形容詞文・形容動詞文も区別される。

構成による分類[編集]

上記の最小単位の文は単文(simple sentence)という。それに対して単文相当の成分を含む複数の(それぞれ形式的に切り離すことができる)を文の中に含むような文もあり、大きく重文と複文に分けることができる。

重文(compound sentence) 複数の独立節からなり、単文を独立節にして、必要に応じ等位接続詞(日本語では接続助詞)を加えて結びつけたものである。
独立節を独立の文としても基本的な意味は通る。
複文(complex sentence) 主節と1つ以上の従属節からなり、主節のある成分が従属節に相当している。従って各節を独立させると、その関係を示す情報がなくなってしまう。

さらにこれらを組み合わせた重複文もある。

用法による分類[編集]

英語では次のように分類されるが、言語によってはより適切な分類がありうる。

平叙文 最も普通に用いられる、命題を表現する文をという。
疑問文 未知の情報がある場合にその提供を希望するための文である。
感嘆文 話者の感情を表現するために強調する文である。英語のWhat a wonderful day this is!など。
命令文 他者に対する命令あるいは希望を表現する文である。ふつう主語は2人称であり、主語を省略することが多い。
また、1人称複数に対する命令文で勧誘を表現することもある(英語ではLet us ~で、形式的には2人称に対する命令文、1人称複数を使役する形)。

このほか、挨拶などに用いる慣用句化された文もある。また形式的にはここに示した分類のいずれかに従いながら、別の機能を持つ文(例えば平叙文の代わりに疑問文を用いる反語、平叙文の命令的用法など)もある。

話題文[編集]

英語をはじめ、世界の多くの言語(主格優勢言語)では、上の主述関係が文の基本的な要素である。この主述関係とは別に、文の中心的な話題(主題、題目)という要素を加えた話題文(題述文)がある。日本語では、次の例でわかるように主語は文の重要な要素でなく、むしろ話題が重要である。このような言語を話題優勢言語という。

  1. 「英語では主語が重視される。」
  2. 「英語では主語を重視する。」

上の2つの文は、意味的には同じである。このうち2では、主語「英語を使う人々が」を入れることができる(英語に直訳するには主語Theyを入れなければならない)が、日本語ではそんなものを入れない。つまり「主語なし文」の方が自然であり、話題「英語では」が必須である。話題は語順(文頭にもってくるなど)や、日本語の助詞「は」などで標識される。

日本語では「は」を用いた文が普通の談話に必須である。話題を含む文は主語優勢言語にもあるが、基本的に重要ではなく、話題であると明示する必要もない(ただし話題を主題と一致させる傾向があり、行為対象を主語にする受動態などがその例である)。

話題は主述文から切り離して表現することができる(「何々については、・・・」といった表現:この場合、主述文が話題に対する陳述部となる)。特に話題優勢言語では、話題であることが何らかの方法で明示され、「象は鼻が長い」といった"二重主語文"(実際には「象は」が話題、「鼻が」が主語である)も用いられる。

話題は文全体で共通であることが多い(少なくとも独立節内では共通である)。普通の談話では、話題は文脈から理解できるものであって、その意味で「既知の情報」である。例えば小説の冒頭でいきなり「山椒魚悲しんだ」(井伏鱒二山椒魚』)と話題の形で出てくると、読者は驚き戸惑う(文学的にはそれを狙っているのであるが)。

関連[編集]