紅河ハニ族イ族自治州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 雲南省
紅河哈尼族彝族自治州
紅河ハニ族イ族自治州の位置
紅河ハニ族イ族自治州の位置
中心座標 北緯23度22分 東経103度09分 / 北緯23.367度 東経103.150度 / 23.367; 103.150
簡体字 红河
拼音 Hónghé
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
雲南
行政級別 自治州
面積
総面積 32.929 km²
人口
総人口(2000) 413 万人
人口密度 125.44 人/km²
経済
電話番号 873
ナンバープレート 雲G
行政区画代碼 532500
公式ウェブサイト http://www.hh.gov.cn/

紅河ハニ族イ族自治州(こうがハニぞくイぞくじちしゅう)は中華人民共和国雲南省民族自治州である。自治州政府は蒙自県に所在する。

地理[編集]

雲南省東南部に位置し、南はベトナム、東は文山チワン族ミャオ族自治州、西は普洱市、北は曲靖市などと接する。州内を紅河(ソンコイ川)が東南に流れる。ハニ族イ族の集住地であり、イスラムの回族も多い。

行政[編集]

自治州は1957年11月18日に成立した。4県級市・6県・3自治県を管轄している。

  • 蒙自市 - 面積2228平方キロ、人口32万。(自治州人民政府所在地)
  • 箇旧市 - 面積1597平方キロ、人口39万。
  • 開遠市 - 面積2009平方キロ、人口26万。
  • 弥勒市 - 面積4004平方キロ、人口49万。県人民政府は弥陽鎮に駐在。
  • 緑春県 - 面積3167平方キロ、人口20万。県人民政府は大興鎮に駐在。
  • 建水県 - 面積3940平方キロ、人口49万。県人民政府は臨安鎮に駐在。
  • 石屏県 - 面積3090平方キロ、人口29万。県人民政府は異龍鎮に駐在。
  • 瀘西県 - 面積1674平方キロ、人口37万。県人民政府は中枢鎮に駐在。
  • 元陽県 - 面積2292平方キロ、人口37万。県人民政府は南沙鎮に駐在。
  • 紅河県 - 面積2034平方キロ、人口27万。県人民政府は迤薩鎮に駐在。
  • 金平ミャオ族ヤオ族タイ族自治県 - 面積3677平方キロ、人口31万。自治県人民政府は金河鎮に駐在。
  • 河口ヤオ族自治県 - 面積1313平方キロ、人口8万。自治県人民政府は河口鎮に駐在。
  • 屏辺ミャオ族自治県 - 面積1905平方キロ、人口15万。自治県人民政府は玉屏鎮に駐在。

年表[編集]

蒙自専区[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国雲南省蒙自専区が成立。蒙自県箇旧県開遠県建水県曲渓県石屏県金平県屏辺県元江県竜武県河口対訊督弁区が発足。(10県1対訊督弁区)
  • 1950年1月27日 (12県1対訊督弁区)
    • 元江県・石屏県・建水県の各一部が合併し、紅河県が発足。
    • 建水県・箇旧県・蒙自県の各一部が合併し、新民県が発足。
  • 1950年5月31日 - 河口対訊督弁区が市制施行し、河口市となる。(1市12県)
  • 1951年1月10日 (1市10県1自治区)
    • 箇旧県・蒙自県の各一部が合併し、地級市の箇旧市となる。
    • 箇旧県の残部が蒙自県に編入。
    • 紅河県が自治区に移行し、紅河県アイニ族自治区となる。
  • 1951年3月24日 - 新民県が元陽県に改称。(1市10県1自治区)
  • 1951年12月8日 - 竜武県が設治区に移行し、竜武設治区となる。(1市9県1自治区1設治区)
  • 1952年11月21日 - 竜武設治区が県制施行し、竜武県となる。(1市10県1自治区)
  • 1953年11月28日 - 元陽県・金平県・紅河県アイニ族自治区が紅河ハニ族自治区に編入。(1市8県)
  • 1954年6月12日 - 宜良専区弥勒イ族自治区を編入。(1市8県1自治区)
  • 1954年7月20日 - 元江県が玉渓専区に編入。(1市7県1自治区)
  • 1955年1月3日 (8県1自治県)
  • 1957年9月6日 - 蒙自県・開遠県・建水県・石屏県・屏辺県・竜武県・曲渓県・河口県・弥勒イ族自治県が紅河ハニ族イ族自治州に編入。

箇旧市[編集]

  • 1951年1月10日 - 蒙自専区箇旧県・蒙自県の各一部が合併し、箇旧市が発足。(1市)
  • 1958年9月16日 - 箇旧市が紅河ハニ族イ族自治州に編入。

紅河ハニ族自治区[編集]

  • 1953年11月28日 - 蒙自専区元陽県金平県紅河県アイニ族自治区を編入。紅河ハニ族自治区が成立。(3県)
    • 紅河県アイニ族自治区が県制施行し、紅河県となる。
  • 1956年5月29日 - 紅河県・元陽県の各一部が思茅専区墨江県の一部と合併し、六村弁事処が発足。(3県1弁事処)
  • 1957年9月6日 - 紅河県・金平県・元陽県・六村弁事処が紅河ハニ族イ族自治州に編入。

紅河ハニ族イ族自治州[編集]

交通[編集]

ベトナムのソンコイ川の上流に当たる上、昆明ハノイを結ぶ滇越線が州内を通過しており、ベトナムとの交通上、重要な地域である。とくに河口ヤオ族自治県の県政府所在地、河口鎮は川を隔ててベトナム北部の町ラオカイと隣接しており、ベトナムとの経済交流が活発に行われている。 G323国道G326国道の2本の国道が交差する。

外部サイト[編集]