曲靖市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 雲南省 曲靖市
QuJing.JPG
雲南省中の曲靖市の位置
雲南省中の曲靖市の位置
中心座標 北緯25度29分 東経103度47分 / 北緯25.483度 東経103.783度 / 25.483; 103.783
簡体字 曲靖
繁体字 曲靖
拼音 Qŭjìng
カタカナ転記 チュージン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
雲南
行政級別 地級市
建市 1997年
面積
総面積 28,904 km²
人口
総人口(2008) 546.6 万人
経済
GDP(2004) 342 億元
一人あたりGDP 6,025元
電話番号 874
郵便番号 655000
ナンバープレート 雲D
行政区画代碼 530300
公式ウェブサイト http://www.qj.gov.cn/

曲靖市(きょくせい-し)は中華人民共和国雲南省に位置する地級市

地理[編集]

歴史[編集]

漢代には“五尺道”が建設され雲南地区と中原地区を連絡する交通の要衝であった。後漢代には行政区域として味県が設置されている。225年には建寧郡に、晋代には寧州が設置され、雲南地方における行政、経済、文化の中心として現在に至っている。

1997年に地級市に昇格した。

行政[編集]

1市轄区、1県級市、7県が所属する。

年表[編集]

曲靖地区[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国雲南省曲靖専区が成立。曲靖県沾益県平彝県宣威県馬竜県嵩明県尋甸県が発足。(7県)
  • 1954年6月12日 - 宜良専区羅平県陸良県路南県師宗県宜良県瀘西県を編入。(13県)
  • 1954年6月30日 (13県)
  • 1957年3月26日 (11県2自治県)
    • 尋甸県および嵩明県・馬竜県の各一部が合併し、尋甸回族自治県が発足。
    • 路南県の一部が分立し、路南イ族自治県が発足。
    • 路南県の残部が宜良県に編入。
  • 1958年10月20日 - 沾益県が曲靖県に編入。(10県2自治県)
  • 1959年11月30日 - 榕峰県が宣威県に改称。(10県2自治県)
  • 1960年9月13日 (7県)
    • 馬竜県が曲靖県に編入。
    • 師宗県が羅平県に編入。
    • 瀘西県が紅河ハニ族イ族自治州弥勒県に編入。
    • 路南イ族自治県が宜良県に編入。
    • 尋甸回族自治県・嵩明県が合併し、尋甸県が発足。
  • 1962年3月27日 (10県)
    • 曲靖県の一部が分立し、馬竜県が発足。
    • 羅平県の一部が分立し、師宗県が発足。
    • 尋甸県の一部が分立し、嵩明県が発足。
  • 1964年6月5日 - 宜良県の一部が分立し、路南イ族自治県が発足。(10県1自治県)
  • 1964年6月15日 - 昭通専区会沢県を編入。(11県1自治県)
  • 1965年7月19日 - 曲靖県の一部が分立し、沾益県が発足。(12県1自治県)
  • 1966年4月8日 - 宣威県の一部が貴州省興義専区盤県特区に編入。(12県1自治県)
  • 1970年 - 曲靖専区が曲靖地区に改称。(12県1自治県)
  • 1979年1月5日 - 尋甸県が自治県に移行し、尋甸回族イ族自治県となる。(11県2自治県)
  • 1983年9月9日 (1市7県1自治県)
    • 宜良県・嵩明県・路南イ族自治県が昆明市に編入。
    • 曲靖県・沾益県が合併し、曲靖市が発足。
  • 1984年3月2日 - 尋甸回族イ族自治県の一部が東川市に編入。(1市7県1自治県)
  • 1994年2月18日 - 宣威県が市制施行し、宣威市となる。(2市6県1自治県)
  • 1997年5月6日 - 曲靖地区が地級市の曲靖市に昇格。

曲靖市[編集]

  • 1997年5月6日 - 曲靖地区が地級市の曲靖市に昇格。(1区1市7県1自治県)
  • 1998年12月6日 - 尋甸回族イ族自治県が昆明市に編入。(1区1市7県)

交通[編集]

外部リンク[編集]