昭通市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 雲南省 昭通市
旧称:朱提、烏蒙
雲南省中の昭通市の位置
雲南省中の昭通市の位置
中心座標 北緯27度20分40.79秒 東経103度42分41.54秒 / 北緯27.3446639度 東経103.7115389度 / 27.3446639; 103.7115389
簡体字 昭通
拼音 Zhāotōng
カタカナ転記 ヂャオトン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
雲南
行政級別 地級市
建市
市委書記 夜礼斌
市長 王敏正
面積
総面積 23,021 km²
人口
総人口(2007) 545.97 万人
市区人口(2007) 45.12 万人
経済
GDP(2007) 225.34 億元
一人あたりGDP 4,346元
電話番号 870
郵便番号 657000
ナンバープレート 雲C
行政区画代碼 530600
公式ウェブサイト http://www.zt.gov.cn/

昭通市(しょうつうし)は中華人民共和国雲南省に位置する地級市

地理[編集]

雲貴高原の北方にあり、牛欄江金沙江(長江上流)に南から合流している。

歴史[編集]

行政[編集]

1市轄区、10県が所属する。

年表[編集]

昭通地区[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国雲南省昭通専区が成立。昭通県魯甸県巧家県彝良県大関県塩津県永善県綏江県威信県鎮雄県会沢県が発足。(11県)
  • 1951年12月8日 - 巧家県の一部が西康省西昌専区会理県寧南県に分割編入。(11県)
  • 1952年9月14日 - 威信県の一部が四川省隆昌専区古藺県に編入。(11県)
  • 1954年3月2日 - 会沢県の一部が分立し、地級行政区の東川鉱区となる。(11県)
  • 1960年9月13日 (9県)
    • 魯甸県が昭通県に編入。
    • 塩津県が大関県に編入。
  • 1962年3月27日 - 大関県の一部が分立し、塩津県が発足。(10県)
  • 1963年9月14日 - 昭通県の一部が分立し、魯甸県が発足。(11県)
  • 1964年6月15日 - 会沢県が曲靖専区に編入。(10県)
  • 1970年 - 昭通専区が昭通地区に改称。(10県)
  • 1974年7月1日 - 四川省宜賓地区宜賓県の一部(安富公社・水東公社・水川公社)が綏江県に編入。(10県)
  • 1974年11月8日 - 綏江県の一部(安富公社・水東公社・水川公社)が分立し、水富区が発足。(10県1区)
  • 1981年1月18日 - 昭通県の一部が分立し、昭通市が発足。(1市10県1区)
  • 1981年8月14日 - 水富区および綏江県・塩津県の各一部が合併し、水富県が発足。(1市11県)
  • 1983年9月9日 - 昭通県が昭通市に編入。(1市10県)
  • 2001年1月13日 - 昭通地区が地級市の昭通市に昇格。

昭通市[編集]

  • 2001年1月13日 - 昭通地区が地級市の昭通市に昇格。(1区10県)
    • 昭通市が区制施行し、昭陽区となる。

交通[編集]

その他[編集]

オグロヅルなどの越冬地として重要な大山包国家級自然保護区が設定されており、またここはラムサール条約登録地でもある。

外部リンク[編集]