景洪市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 雲南省 景洪市
景洪市内の瀾滄江の橋から西を望む
景洪市内の瀾滄江の橋から西を望む
雲南省中の景洪市の位置
雲南省中の景洪市の位置
中心座標 北緯21度59分00秒 東経100度49分00秒 / 北緯21.98333度 東経100.81667度 / 21.98333; 100.81667
簡体字 景洪
拼音 Jĭnghóng
カタカナ転記 ジンホン
タイ・ルー語 ᦵᦞᧂᦵᦋᧂᦣᦳᧂᧈ
タイ・ルー語IPA tsêŋhuŋ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
雲南
自治州 西双版納
行政級別 県級市
建置 1950年
建市 1963年
面積
総面積 7,133 km²
人口
総人口(2006) 38 万人
経済
GDP(2004) 38.77 億元
電話番号 0691
郵便番号 666100
ナンバープレート 雲K
行政区画代碼 532801
公式ウェブサイト http://www.jhs.gov.cn/

景洪市(けいこうし)は中華人民共和国雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州に位置する県級市、同州首府の所在地である。古来より中国タイ族(ルー族)の中心地として栄え、近年東南アジア諸国との国境貿易でも発展している。

地理[編集]

雲南省最南部に位置し、東は孟腊県江城県、西は孟海県、北は普洱市と接し、南はミャンマーと国境を接する。市面積の95パーセントは山林で、農地面積は5パーセントである。

市内を貫流するメコン川(中国名:瀾滄江)流域の低地部では熱帯性の湿潤な気候で、夏が長く、冬はない。高地では気候が変化する。

気候[編集]

Jinghong (1971–2000)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 25.5
(77.9)
28.6
(83.5)
31.9
(89.4)
33.4
(92.1)
32.6
(90.7)
31.5
(88.7)
30.5
(86.9)
30.8
(87.4)
30.6
(87.1)
29.1
(84.4)
26.3
(79.3)
23.9
(75)
29.6
(85.3)
平均最低気温 °C (°F) 11.6
(52.9)
12.0
(53.6)
14.4
(57.9)
18.0
(64.4)
21.1
(70)
22.7
(72.9)
22.6
(72.7)
22.4
(72.3)
21.6
(70.9)
19.7
(67.5)
16.4
(61.5)
13.0
(55.4)
18.0
(64.4)
雨量 mm (inch) 12.4
(0.488)
14.7
(0.579)
21.8
(0.858)
51.5
(2.028)
126.8
(4.992)
158.5
(6.24)
220.2
(8.669)
197.7
(7.783)
141.1
(5.555)
91.2
(3.591)
59.4
(2.339)
18.3
(0.72)
1,113.6
(43.842)
平均降雨日数 (≥ 0.1 mm) 6.2 3.6 4.4 10.1 17.4 21.1 22.9 21.3 16.6 12.9 8.9 7.6 153.0
出典: Weather China[1]

歴史[編集]

景洪市の椰子並木の道路

前漢の時代には哀牢の地と呼ばれ、後漢の時代には一時永昌郡に属した。代には南詔の銀生節度使が支配する茫乃道に属した。宋代には大理国の支配地となったが、タイ族首長が独立して「景隴王国」を建てた。

このタイ族の王国は元代には徹里軍民総管府、明代に車里宣慰使が設置されて、中央王朝の間接支配を受けた。

1929年に初めて県が設置された。1950年2月に人民解放軍が入城して車里県となったが、1953年シーサンパンナ・タイ族自治州が成立してタイ族の自治が認められた。1958年初めて景洪県と命名され、1993年景洪市が成立。

民族[編集]

景洪市はタイ族を主体とする多民族区域で、2002年の総人口37万人のうち少数民族人口が 249,721 人で総人口の 67.27パーセントを占める。そのうちタイ族が全市人口の35パーセントを占め最大民族である。漢族は 121,511 人で、総人口の32.73パーセントとなる。

行政区画[編集]

区分 名称
街道 1 允景洪
5 養 普文
3 景訥 大渡崗
民族郷 2 景哈ハニ族郷 基諾山ジーヌオ族郷
農場 4 景洪農場 養農場 橄欖壩農場 大渡崗茶場

国営農場ではゴムプーアル茶コーヒーなどの経済作物を栽培している。

交通[編集]

1954年に初めて省都・昆明とを結ぶ国道が開通し、1965年にはメコン川大橋が開通した。

1990年にはシーサンパンナ・ガサ空港が開港、昆明とは45分で連絡され、1995年には外国航空会社による国際線も就航している。

観光[編集]

タイ族園にあるマン・チュンマン寺

タイ族王侯の花園であったマンティン公園や少数民族の歌舞などが披露される民族風情園、野生の保護区である野象谷、パンナ猿山、熱帯植物園など観光施設も整備されている。タイのソンクラーンと同時期に旧正月があり、水掛け祭りも観光資源として活用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]