プーアル茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

プーアル茶(普茶、Pu'ercha)は中華人民共和国雲南省南部及び南西部を原産地とする中国茶黒茶)の一種。生茶と熟茶の2種類ある。

散茶の普茶(生茶)
茶餅

原産地[編集]

茶は雲南省の西双版納州及び、臨倉市の3つが主な生産エリア。但し、これらの地域と国境を隣接する、ラオスミャンマーベトナムタイ王国にもお茶の老樹が残っており、同様の方法でプーアル茶が生産されている。なお、普市は2007年4月8日に思茅市から改名された。

製法[編集]

加熱によって酸化発酵を止めた緑茶を、コウジカビ発酵させる熟茶と、経年により熟成させた生茶に大別される。但し、雲南省においてプーアル茶と言えば生茶を指し、熟茶は基本的には輸出用茶である[要出典]

尚、生茶の場合、加熱時に完全に酵素が失活していないため、その後天日乾燥をする際にさらなる酵素発酵が起こると考えられている[要出典]。残存する酵素発酵を前提としているため、乾燥は必ず天日で行われる。ここで機械乾燥を行った場合、酵素が完全に失活するため、普茶ではなく緑茶になってしまう[要出典]

後発酵の方法によって、以下の2つに分けることができる。

生茶
緑茶を残存する酵素で発酵させた茶葉[1]。生産されてまだ日が浅い茶葉は、極めて緑茶に近い。しかし、年代を経るほどに、白茶様、烏龍茶様、紅茶様の香りとなり、最終的にはプーアル熟茶に近い香りと味わいになる。数十年を超えるようなビンテージ品は、希少価値の高さもあり、高価で取引される。日本で上質な生茶を入手するのは、極めて難しいものの、プーアル茶の知名度が向上してきたこともあり、取り扱う業者が増えつつある。
熟茶
プーアル生茶を多湿状態に置くことで、カビによる発酵をさせて作られる。年代を経た茶葉の風味を短時間で量産できる方法として、1973年から作られるようになった。生茶に比べて色が濃く、暗褐色を呈す。一般的に販売されているプーアル茶は熟茶である。
Pu-erh tea.jpg

経年熟成により香りが変化するのは生茶であり、それに対して熟茶は経年による香りの変化はあまりない[要出典]。熟茶の品質は使用する茶葉と発酵技術の優劣で決まる[要出典]。カビによる発酵時に有機酸が産出され、pHが酸性に偏るため、それによりお茶の味に変化が生じる[要出典]。生茶の場合、熟成の進み具合により、味わいも香りも変化していくが、その変化は茶葉の置かれた環境により大きく左右される[要出典]。尚、貯蔵における変化は、有機物の酸化熟成による香りの変化と、タンニンなどのポリフェノール類の酸化分解による舌触りの変化にとどまり、品質そのものは元々の茶葉に含まれるミネラルに依存するため、貯蔵期間とは全く関係がない[要出典]

効用[編集]

茶を特徴付ける点は、多くの茶が老木から作られている点であり、ミネラル濃度が極めて高い。普茶を飲むと血圧が下がり、血液循環が良くなることが知られており、この効果は品質に比例する。この為、プーアル茶を常飲した場合、血液循環の改善から快眠、お通じの改善、花粉症などのアレルギー体質の改善が見られる。

熟茶には脂肪分解作用があると考えられている。 また、15年以上熟成させた茶葉を薬茶とされ、価格も更に高くなる上薬効効果が認められている。


歴史[編集]

代には南詔の銀生城(現・)付近の山地で採れる茶として中国にも知られていた。中国が雲南を領有した代には普茶として広く知られるようになり、代には雲南からの進貢品に指定され、朝廷でも愛飲された。愛新覚羅溥儀も愛好したという。

しかし、文化大革命によってその手間のかかる製造方法が毛沢東思想にそぐわないと否定され、一時は中国本土での生産が断絶するほどであった。このとき、多くの普茶が香港台湾に持ち出されており、現在もビンテージものと呼ばれるプーアル茶の多くは台湾に存在している。現在では中国でも生産が再開されており、東南アジア、欧米、日本などにも輸出されている。

近年、普茶の生産が中国国営企業の手を離れて、極めて高品質な茶葉が個人単位でも生産されるようになった。そうした普茶を、将来の熟成を見越し、投資目的に購入する愛好家も少なくない。また、生産者が、新茶のうちに飲んで欲しいとするものもあるが、これは、茶葉の栽培技術や生産技術が従来のものと違うため、熟成が進むとどのような味わいになるのかが未知数であるためでもあり、そうした茶葉が、年数を重ねて熟成したときどのようになるか、その結果が出るまで、まだまだ長い時間を要する。

また、普茶の愛飲者が増加してきたこと、特に近年、大韓民国での消費量が格段に増えたこともあり、値上がりする傾向にある。

2006年頃より投機対象として高値で取引されることの多かった高級普茶市場がバブルの様相を呈したが、2008年に入って暴落し、多くの投資家達が撤退した[2]。価格は全盛期の1/10から半分に落ち着き、2005年の水準に戻った。

関連項目[編集]

  • 緊圧茶 - 普茶の大半は緊圧茶に加工される。
  • 碁石茶 - 高知県で生産されている日本茶で、普茶と似た製法がなされている。近年注目されつつあるが、生産量、流通量ともに少ない。(→黒茶

脚注[編集]

  1. ^ 『中国茶辞典』 353p
  2. ^ 茶相場は10分の1に—中国

参考文献[編集]

  • 工藤佳治 (2007). 中国茶辞典. 勉誠出版. ISBN 9784585060574. 
  • 棚橋篁峰 (2003). 中国茶文化. 紫翠会出版. ISBN 9784916007872. 
  • 成美堂出版編集部 (2004). 茶葉の選び方、おいしい淹れ方が解る中国茶の楽しみ方BOOK. 成美堂出版. ISBN 9784415071336. 

外部リンク[編集]