番茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
番茶の茶葉(その一例)

番茶(ばんちゃ)とは日本で飲まれる緑茶の一種である。

その製法は煎茶とほぼ同一であるが、原料として夏以降に収穫した茶葉(三番茶・四番茶)・次期の栽培に向けて枝を整形したときの茶葉(秋冬番茶)・煎茶の製造工程ではじかれた大きな葉(川柳)などを用いている。

煎茶のように若葉ではなく成長した葉を原料とするため、タンニンが多めで逆にカフェインは少なめになっている。味は淡泊でさっぱりとした飲み口だが渋みを含む。地方によっては原料の収穫時期や製法を変えている所もある。香ばしい風味を出すために茶葉を乾煎りし、ほうじ茶として飲まれることも多い。

なお、北海道東北地方において「番茶」とは「ほうじ茶」全般を指すことが多い。 石川県においての番茶は茶の茎をほうじた棒茶を指す。 「京番茶」も独特の製法によるほうじ茶を指し、使用される茶葉は「番茶」とは限らない。

夏目漱石の『吾輩は猫である』の中で、苦沙弥先生のことを「この間ピン助に遇ったら、私の学校にゃ妙な奴がおります。生徒から先生番茶は英語で何と云いますと聞かれて、番茶はSavage tea であると真面目に答えたんで、教員間の物笑いとなっています、どうもあんな教員があるから、ほかのものの、迷惑になって困りますと云ったが、大方あいつの事だぜ」とからかわれる場面がある。

由来と歴史[編集]

番茶の名称の由来としては以下の2つの説が知られている。

  1. 番傘おばんざい(御番菜)などの言葉に使われるように「番」には「普段の」「日常的な」という意味があるので、高級品ではない日常的に飲まれるお茶という意味で名づけられた。
  2. 一番茶二番茶を摘んだあとの遅い時期に収穫される事から晩茶と呼ばれ、後に変化して番茶となった。

江戸時代の中期までは一般に出回る茶のほとんどは現在の基準で考えると番茶であったといわれている。製法や品質に対する工夫が施されて煎茶が出回るようになったのはそれ以降の時代になる。現在の番茶は煎茶の製法に準拠したものであるが、煎茶の製法が標準化されたのは比較的近年である。このため、各地に古くから伝わる伝統的な番茶には様々な製法で作られたものがあり、茶の木から葉を摘み取って自然乾燥させただけの薬草茶の様なものから中国茶のような発酵茶まで存在する。

飲用と効用[編集]

チャの葉や種子のテアサポニン(theasaponin)類、アッサムサポニン(assamsaponin)類には小腸でのグルコースの吸収抑制等による血糖値上昇抑制活性が認められた[1](詳細はサポニンを参照のこと)。動物実験で日本茶、特に番茶、中でも多糖類(ポリサッカライド)を有効成分とする番茶冷浸エキスでの血糖降下作用が認められた[2]

地方に伝わる色々な番茶[編集]

  • 吉野の日干(にっかん)番茶
吉野の日干番茶
奈良県吉野地方で古くから伝わっている番茶である。これは「天日干し番茶」とも呼ばれている。摘み取った茶葉をよく蒸し、その後長ければ1日以上天日でしっかりと乾燥させ、その後焙じて出来上がりとなる。機械で揉みながら乾燥させるものに比べると香りが高く、渋味が少なくあっさりとした味わいになる。また、葉の形がそのまま残っていることもこの製法の特長である[3]。したがって、これは実際には「焙じ番茶」の一種ということになる。
岡山県美作市(旧美作町、旧作東町)に伝わっている番茶。「美作番茶」ともいわれている。土用の暑い日(7月中旬〜8月中旬)、枝ごと刈ったお茶の葉を大きな鉄釜で蒸すように煮る。むしろの上に煮たお茶を広げ、煮汁をかけながら太陽の光で干す。日干番茶は煮汁をかけて天日で干した番茶は煮汁の茶渋ために、あめ色に輝いていることから”天日干し番茶”ともよばれている[4]
  • 陰干し番茶
福井県勝山市に製法が伝わっている番茶。秋に茶の枝を鎌で刈り、縄ですだれのように編んで軒先に吊るしておくだけの、陰干し番茶がある。飲む前に鍋で軽く炒って煮出すもので、ちょうど薬草と同じ方法で利用されている[5]

ことわざ[編集]

  • も十八、番茶も出端(でばな)

広辞苑』によると、出花(でばな)が正しい。出だしの香しさを表す。「番茶も最初の出だしが美味しいように、醜女も18歳になればそれなりに美しく見える」という意味。対して出端は話の出だしなどに使われる。この場合の鬼は鬼娘、醜女を指しているので、「娘十八、番茶も出花」や「花も十八、番茶も出花」もひろく使われている。

脚注[編集]

  1. ^ 薬用食物の糖尿病予防成分、吉川雅之、化学と生物Vol.40、No.3、2002
  2. ^ 日本茶の血糖降下作用成分に関する研究、清水岑夫ほか、藥學雜誌、Vol.108 (1988) No.10
  3. ^ http://www.pref.nara.jp/nogyos/nousou/midori-mini/02yoshinonohibosibancya.htm
  4. ^ [1] (中国四国農政局>地産地消>伝統料理(岡山県)より)
  5. ^ [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]