サモワール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
円筒形のサモワール

サモワールロシア語самовар, IPA: [səmɐˈvar] ( 聞く)サマヴァールペルシア語: سماور‎、トルコ語: semaver)はロシアやその他のスラブ諸国イラントルコなどで湯を沸かすために伝統的に使用されてきた金属製の容器である。沸かした湯は通常紅茶をいれるのに利用されるため、多くのサモワールは上部にティーポットを固定して保温するための機能が備わっている。その起源には諸説あるが、中央アジアで発明されたといわれている。古くは石炭や炭で水を沸かしたが、現在生産されるサモワールの多くは電熱式である。 なお、名称はロシア語の「サミ(自分で)」と「ワリーチ(沸かす)」を結合したものである。

素材は黄銅青銅ニッケルスズなどで、富裕層向けには貴金属製のものや非常に装飾性の高いものも作られた。胴部に水を入れられるようになっており、伝統的なサモワールは胴部の中央に縦に管が通っていて、そこに固形の燃料を入れて点火し、湯を沸かした。胴の下部には蛇口がついていて、そこから湯を注ぐ。湯を沸かして火を消した後、上部にティーポットを置いて保温できるようになっていた。小型のサモワールは、行楽に携行されることもあった。

イギリスには「Tea Urn」と呼ばれる似た装置がある。

サモワールの色々[編集]