凍頂烏龍茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
凍頂烏龍茶
各種表記
繁体字 凍頂烏龍茶
簡体字 冻顶乌龙茶
拼音 Dòngdǐng Wūlóngchá
注音符号 ㄉㄨㄥˋ ㄉㄧㄥˇ ㄨ ㄌㄨㄥˊ ㄔㄚˊ
発音: トンティン ウーロンツァ
テンプレートを表示

凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ)は、台湾で製造される台湾茶で、青茶烏龍茶の一種。

もともと台湾・南投県鹿谷郷東部の山腹で栽培される烏龍茶の名称。現在では台湾の広範囲において栽培されており、台湾を代表する烏龍茶として認知されている。味は緑茶に近いが、殺青(茶葉の加熱処理)の方法が日本茶とは異なるため、独特の爽やかな香りがする。

もともと19世紀中葉に林鳳池という挙人科挙地方試験合格者)が大陸から伝えられた茶の苗を持ちこみ、台湾の凍頂山で栽培したことがはじまりとされるが、台湾を代表するお茶として認知されるようになったのは、1970年代に経済開放政策が推進されたとき、凍頂山一帯が輸出茶の開発・栽培モデル地区として選ばれ、官民一体となって凍頂烏龍茶のブランド化が進められたことからはじまる。

1980年代に入り、製茶技術の改良により品質の向上が進んだことや、着香料を加えずにバニラの香りがする金萓種や青みのある香りの四季春種、翠玉種などの品種が開発されたことなど、凍頂烏龍茶のブランド化は着実に成功し、台湾のみならず日本においても支持されるに至っている。

アレルギー反応を抑制するメチル化カテキンの含有量が多いことから、花粉症に有効であるとされている。