ローズヒップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローズヒップ
ローズヒップ、wild (Northern Plains Indians)
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 679 kJ (162 kcal)
炭水化物 38.22 g
- 糖分 2.58 g
- 食物繊維 24.1 g
脂肪 0.34 g
タンパク質 1.6 g
水分 58.66 g
ビタミンA相当量 217 μg (24%)
- βカロテン 2350 μg (22%)
- ルテインおよびゼアキサンチン 2001 μg
ビタミンB1 0.016 mg (1%)
ビタミンB2 0.166 mg (11%)
ビタミンB3 1.3 mg (9%)
パントテン酸(ビタミンB5 0.8 mg (16%)
ビタミンB6 0.076 mg (6%)
葉酸(ビタミンB9 3 μg (1%)
コリン 12 mg (2%)
ビタミンC 426 mg (513%)
ビタミンE 5.84 mg (39%)
ビタミンK 25.9 μg (25%)
カルシウム 169 mg (17%)
鉄分 1.06 mg (8%)
マグネシウム 69 mg (19%)
マンガン 1.02 mg (51%)
リン 61 mg (9%)
カリウム 429 mg (9%)
塩分 4 mg (0%)
亜鉛 0.25 mg (3%)
リコペン 6800 μg
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ローズヒップ (rose hip) は、バラ科バラ属の植物(いわゆる「バラ」)の果実である。

「ヒップ」は「」とは無関係で、本来は「ヒップ」だけでバラの果実を意味する単語である。

食用[編集]

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種(特にイヌバラ)が栽培されている。ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもある。また、ローズヒップオイルは食用油として、ジャムジェリーマーマレードにも用いられるほか、スキンケアにも用いられる。民間薬として用いられることもある。

歴史[編集]

第二次世界大戦中、英国ドイツ海軍Uボートの海上封鎖によりオレンジの輸入がストップした。ビタミンCの補給のため、英国の学童たちは生垣に生えているローズヒップの採集を命じられたことがある。

ローズヒップが重要なバラ[編集]

外部リンク[編集]