リコペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リコペン
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 502-65-8
PubChem 446925
EINECS 207-949-1
特性
化学式 C40H56
モル質量 536.873 g/mol
外観 深赤色
融点

172–173 °C

への溶解度 不溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

リコペン (リコピン、lycopene) は、カロテンの1種で、鮮やかな赤色を呈す有機化合物である。

特徴[編集]

植物と藻類や他の光合成有機体では、リコペンは多くのカロテノイド生合成における重要な中間体である。構造的には、8個のイソプレン単位が集まったテトラテルペンであり、炭素水素からのみ構成されるためには溶けない。また、ダイエット効果があるのではと考えられており、リコペンを多く含んだサプリメントが売られている。

[編集]

リコペンの13個の二重結合が深赤色および抗酸化性を与えている。その強い発色と無毒性のためにリコペンは食品の着色料として多用されている。

トマトニンジンスイカグミパパイヤなど赤色の果物野菜に含まれる。イチゴサクランボには含まれない。

外部リンク[編集]