クロセチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロセチン[1]
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 27876-94-4
PubChem 5281232
ChemSpider 4444644
特性
化学式 C20H24O4
モル質量 328.402 g/mol
外観 Red solid
融点

285 °C, 558 K, 545 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クロセチン(Crocetin)は、天然に存在するカロテノイドカルボン酸であり、クロッカスの花に含まれている。融点285℃の赤レンガ色の結晶を作る。

クロセチンの化学構造は、サフランの色の基となっているクロシン分子の中央の核になっている。

近年の研究によって、クロセチンの経口投与によって、健康な人の肉体的疲労を減少させる効果が示唆されている[2]

出典[編集]

  1. ^ Merck Index, 11th Edition, 2592.
  2. ^ Mizuma, H; Tanaka, M; Nozaki, S; Mizuno, K; Tahara, T; Ataka, S; Sugino, T; Shirai, T; Kajimoto, Y; Kuratsune, H; Kajimoto, O; Watanabe, Y (Mar 2009). “Daily oral administration of crocetin attenuates physical fatigue in human subjects”. Nutrition research 29 (3): 145–50. doi:10.1016/j.nutres.2009.02.003. ISSN 0271-5317. PMID 19358927.