クロシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロシンの構造式

クロシン (crocin) は、水溶性のカロテノイド系の黄色の色素。クロチンとも呼ばれる。クロセチンが2分子のゲンチオビオースと縮合したジエステル。分子式は C44H64O24CAS登録番号は [42553-65-1]。メタノール溶液から得た水和物の針状結晶は赤褐色を呈し、その融点は186°C。温水に溶け、橙色の水溶液を与える。

植物[編集]

サフラン(アヤメ科)の雌しべ、クチナシ(アカネ科)の果実などに含まれる。

利用[編集]

食品の着色料として古くから用いられる。脳の機能や睡眠などに影響を与える[要出典]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Merck Index 14th ed., 2589.

外部リンク[編集]