カンタキサンチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンタキサンチン[1]
識別情報
CAS登録番号 514-78-3
PubChem 5281227
特性
化学式 C40H52O2
モル質量 564.82 g/mol
外観 紫色の結晶
融点

217 °C (分解)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

カンタキサンチン(Canthaxanthin)は、自然界に広く分布するカロテノイド顔料である。テルペノイドの一つで植生化学物質として知られる。化学式はC40H52O2[2]E番号はE161g。

アンズタケ属の食用になるキノコCantharellus cinnabarinus)から初めて単離された(アクソー、1950年[3])。この他にも緑藻バクテリア甲殻類魚類に含まれる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Merck Index (11th ed.). Rahway, N.J.: Merck. (1989). ISBN 0-911910-28-X. OCLC 21297020. 
  2. ^ Haxo, Francis (Dec. 1950), “Carotenoids of the Mushroom Cantharellus cinnabarinus”, Botanical Gazette 112 (2): 228-232, OCLC 478099643 

関連項目[編集]