ビオラキサンチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビオラキサンチン[1]
識別情報
CAS登録番号 126-29-4 チェック
PubChem 448438
ChemSpider 395237 チェック
ChEBI CHEBI:35288 チェック
特性
化学式 C40H56O4
モル質量 600.85 g/mol
外観 橙色結晶
融点

200 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ビオラキサンチン(Violaxanthin)は、橙色の天然のキサントフィル色素であり、パンジーなどの様々な植物に含まれている。ゼアキサンチンエポキシド化によって合成される[1]食品添加物として、E番号E161eの着色料として用いられる。欧州連合[2]アメリカ合衆国では使用が承認されていないが、オーストラリアニュージーランドでは承認されている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b Merck Index, 11th Edition, 9902.
  2. ^ UK Food Standards Agency: Current EU approved additives and their E Numbers”. 2011年10月27日閲覧。
  3. ^ Australia New Zealand Food Standards CodeStandard 1.2.4 - Labelling of ingredients”. 2011年10月27日閲覧。