ナタマメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナタマメ(クロンキスト体系)
Canavalia gladiata2.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: ナタマメ属 Canavalia
: ナタマメ C. gladiata
学名
Canavalia gladiata (Jacq.) DC.
和名
ナタマメ(鉈豆)
英名
sword bean


ナタマメ鉈豆Canavalia gladiata)はマメ科一年草。刀豆(トウズ、タチマメ、ナタマメ)、帯刀(タテハキ)とも呼ばれる。以前から漢方薬として知られており、近年では健康食品、健康茶としても一般的に知られるようになった。

歴史[編集]

熱帯アジアか熱帯アフリカ原産とされ、アジア及びアフリカで食用や薬用のため栽培される。 日本には江戸時代初頭にから伝わった。特に薩摩では江戸時代は栽培が盛んで、『篤姫 (NHK大河ドラマ)』のワンシーンでも長旅の無事を祈る餞別として送られていた。

生態[編集]

夏に白またはピンク色の花を咲かせる。実の鞘は非常に大きく、30cm~50cmほどになる。

産地[編集]

日本国内でも栽培されるが、ラテンアメリカ中華人民共和国からの輸入が多い。

利用[編集]

福神漬け・健康茶・民間薬・メッセージ缶(種子にレーザーで文字を彫ったもの)等。 食用としては、若いさやを食べることが多い。薬効を目的にした場合は、豆を利用することが多い。 薬効としては、血行促進や免疫力の向上などの他さまざまな効果がある。 また、昔から膿を出す妙薬と言われており、腎臓に良く、蓄膿症歯周病や歯槽膿漏の改善・痔ろうなどにも効果がある。 他の野菜の病害虫の防止用として周囲に植えられることもある。

毒性[編集]

豆類全般にいえることだが、ナタマメにも毒がある。 とくにタカナタマメ・タチナタマメには毒が多い。食用とするのはアカナタマメ・シロナタマメといわれる品種である。 粗悪な健康茶などには注意が必要。また、メッセージ缶に用いられるものは食用に適さない品種が使われており、食べることはできない。 サポニン青酸配糖体・有毒性アミノ酸のコンカナバリンAカナバリンなどの毒素が含まれている。

ナタマメを用いた食品・料理[編集]

福神漬けに用いられる[1]ほか、ナタマメの若いさやは、漬物、炒め物などで食すると美味。ナタマメ茶としても利用される。

種類[編集]

タカナタマメCanavalia cathartica Thouars)
南西諸島、台湾、中国南部、インド、東南アジアに分布。
蔓性の多年草で大型。海岸近くに生育する。
タチナタマメ/ジャック・ビーン(Canavalia ensiformis (L.) DC., Jack-bean
立性の多年草で大型。
アカナタマメ/ソード・ビーン(Canavalia gladiata, Sword Bean)
シロナタマメ/ソード・ビーン(Canavalia gladiata (Jacq.) DC. f. alba (Makino) Ohashi, Sword Bean)
ハマナタマメ(Canavalia lineata (Thunb.) DC.)
本州(千葉県山形県以西)/四国/九州、南西諸島/小笠原諸島に分布。
蔓性の多年草で小型。熱帯/亜熱帯の海岸近くに生育する。
ナガミハマナタマメ/ベイ・ビーン(Canavalia rosea (Sw.) DC., Bay Bean)
九州以南、亜熱帯、熱帯に分布。
汎熱帯海流散布植物(熱帯域で海流により地球一周規模の分布)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新編 食用作物』 星川清親 養賢堂 昭和60年5月10日訂正第5版 p548