ニコラウス・フォン・ジャカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nikolaus Joseph Freiherr von Jacquinの肖像画

ニコラウス・フォン・ジャカン(Nikolaus Joseph Freiherr von Jacquin または Baron Nikolaus von Jacquin、1727年2月16日 - 1817年10月26日)は、シェムニッツ(バンスカー・シュチャヴニツァ)の学校やウィーン大学植物学教授になった植物学者である。

生涯[編集]

オランダライデンに生まれた。ライデン大学医学を学んだがその後、パリそしてウィーンに移り住んだ。1755年から1759年にかけてウィーンのシェーンブルン宮殿動物園を造った神聖ローマ皇帝フランツ1世によって、珍しい動物植物鉱物の採集のために、西インド諸島中央アメリカに派遣された。1763年にシェムニッツ(現在のバンスカー・シュチャヴニツァ)の学校の化学鉱物学の教授に任じられ、1768年にはウィーン大学の化学と植物学の教授に任じられ、ウィーン大学植物園の園長を務めた。これらの業績から1774年に爵位を受け、1783年にスウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員に任じられた。1806年に公爵となった。

ジャカンの子供のエミル・ゴットフリートと、フランツィスカは、モーツァルトの友人として知られる。モーツァルトは、ゴットフリートの名前で発表された2つの曲を作曲し、フランツィスカのピアノレッスンを行った。モーツァルトの作品のいくつかはジャカン家で初めて演奏された。

また別の息子のジョセフ・フランツはニコラウスの後をついでウィーン大学の植物学の教授となり、何冊かの植物学の本を出版した。

テオフラスタ科の属名Jacquiniaラン科の種名Jacquiniellaに命名されている。

ジャカンの著書の画像[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ニコラウス・フォン・ジャカンに関するカテゴリがあります。