ティーカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコットランドのティーカップ

ティーカップ teacup )とは、洋食器の1種で、紅茶を飲むためのコップである。

外観[編集]

形状は、紅茶を美味しく飲める様に様々な工夫が行われてきた。21世紀では、取っ手がついている椀状のものが主流であるが、17世紀の中頃までは取っ手が無く筒状であった。カップに付属するソーサー(受け皿)も深く、そこに紅茶を移して飲むのが正しい作法であったと言われている[1]。また、フット(別名、スカート)と言う、ソーサーとカップの底との間に密閉された空間を作る部分が存在するティーカップが正式なもの、それがないと略式なものとなる。フットは、カップに入れられた紅茶の保温に役立つ。

材質[編集]

紅茶は熱湯で抽出を行うため、100℃の温度に耐えられるようになっている。ガラス陶器磁器が主流[2]

紅茶用とコーヒー用の区別[編集]

元々は、西欧に紅茶やコーヒーが入ってきた頃は、紅茶用とコーヒー用の区別は特にされていなかった。また、当時はサイズも小型であったが、これは紅茶が高価であったからと言われている。

紅茶は高温ので抽出しないと良い味にはならないため、非常に熱い状態で出来上がる。そのためカップの口径を大きくし、紅茶の液面付近の温度が下がりやすいようにした。また紅茶は、カップに注がれた際の水色(すいしょく)や香りも重要な要素であり、広く浅くすることで水色を見やすくし、香りが立ちやすくなっている。そのため紅茶用のカップは、一般的にコーヒー用のカップよりも扁平になっていった。

対して、コーヒーは紅茶ほど高温の水で抽出しなくても味に変化がないとされるために、紅茶よりは低い温度(飲みやすい温度)で出来上がる。そのためカップの口径を小さくし、コーヒーの液面付近の温度を下がりにくくした。あとはカップの高さを高くすることで容量を増やしたため、コーヒー用のカップは一般的に紅茶用のカップよりも背が高くなっていった。

また、コーヒーは基本的に濃い飲み物であるため、本来は大量に飲むべき飲料ではない。したがって、紅茶用のカップよりもコーヒー用のカップの方が容量が小さい傾向にある。

このような理由で、当初はコーヒー用と紅茶用の区別が特になかったものが、次第に区別されていき、ティーカップとコーヒーカップが区別されるようになった。なお、紅茶用とコーヒー用を兼ね備えたカップも販売されている。

ティーセット[編集]

次のような道具とともに、ティーセットを構成する。アフタヌーン・ティーでは、ティースタンドが用いられることがある。

  • ティーポット
  • ティーストレーナー(茶漉し)
  • ティースプーン
  • ティーメジャー
  • シュガーポット
  • ミルクポット

場合により、次の道具も含まれる。

  • ティーコジー、マット
  • 砂時計
  • ティーバッグレスト(レモントレー)

参考文献[編集]

  • 南川 三冶郎、大平 雅己 『Coffe or Tea』 p.8 美術出版社 1992年9月30日発行 ISBN 4-568-50159-8
  • 今井 秀紀 『洋食器を楽しむ本』 晶文社 1999年1月30日発行

出典[編集]

  1. ^ 日本紅茶協会編『紅茶の大辞典』成美堂出版
  2. ^ 日本紅茶協会編『紅茶の大辞典』成美堂出版

関連項目[編集]