モカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モカ
المخا
Mocha, Mokha
モカの風景画(1692年)
モカの風景画(1692年)
位置
港湾都市 モカ(Mocha)の位置の位置図
港湾都市 モカ(Mocha)の位置
座標 : 北緯13度19分 東経43度15分 / 北緯13.317度 東経43.250度 / 13.317; 43.250
行政
イエメンの旗 イエメン
  タイズ県
 町 モカ
その他
等時帯 イエメン標準時 (UTC+3)
夏時間 なし

モカ(英字転写:MokhaMochaアラビア語: المخا‎、Al Mukha、アル=ムハー)は、イエメン共和国港町である。アラビア半島南西端にあり、紅海に面している。

イエメン共和国の首都サナア外港で、15世紀から17世紀にかけてコーヒー豆の積出港として栄えた。コーヒーノキの原産地はエチオピアであるが、これを世界に広めたのはアラビア半島の商人達で、モカはコーヒー発祥の地とされている。17世紀にこの地を支配したオスマン帝国は紅海を通行する船舶にモカでの納税を義務付けたという。現在、コーヒー豆集散地の機能は無く[1]漁業観光で成り立つ。

モカコーヒー[編集]

モカコーヒー: Mokha coffeeMocha coffee)あるいは単にモカ とは、イエメンの首都サナアの外港であるモカからかつてコーヒー豆が多く積み出されたことに由来する、コーヒー豆の収穫産地を指すブランドである[1]

かつてモカの港からは、イエメン産のコーヒー豆の他、対岸のエチオピア産の豆も一緒に輸出されたため、両国産のコーヒー豆を合わせて「モカ」と呼んでいる。

2008年5月日本で、エチオピア産コーヒー生豆から基準値を超える有害成分が検出された事から輸入が規制され、日本国内では非常に手に入りにくくなった[2]

イエメン産とエチオピア産[編集]

イエメン産のコーヒー豆は特に「モカ・マタリ」 (Mokha Mattari) ともいい、イエメン北西部の高地産である。さわやかな香りと強い酸味のある味わいが特徴で、かつて「コーヒールンバ」に唄われていたためか、日本でも人気が高い。「No.9」というのが、欠点豆の混入が比較的少ない等級であるが、ブラジルのNo.2抔と比べると数倍から十倍ほどの欠点豆があり、焙煎に際しては、入念なハンドピックが必要である。

エチオピア産は、シダモ (Sidamo)、ハラー (Harrah)、ディマ、レケンプティなど、収穫地名をつけて販売されることが多い。焙煎・抽出後のコーヒーは苦みが少ない代わりに酸味が非常に強く、フルーティーな香りがある。

モカコーヒーは、フルーティーな香りと強い酸味が特長で、比較的高価なモカ・マタリはストレートで飲まれることが多いが、エチオピア産はブラジルなど苦みが強い豆とブレンドされることが多い。特に苦みの強い、ジャワ産ロブスタ種とのブレンドは、モカジャバとして親しまれている。

日本での「モカ」と文化[編集]

音楽
コーヒールンバ」(歌:西田佐知子、1961年発売)
一杯のコーヒーから」(歌:霧島昇、1939年発売)
喫茶店の片隅で」(歌:松島詩子、1951年発売、1960年再発売)
焙煎したコーヒー豆のような、赤みを帯びた焦げ茶色をモカと言うこともある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「イエメンモカの多彩な表情を楽しむ」、『SALUS 2013年9月号』 (東京急行電鉄株式会社) 第150巻31頁、2013年 
  2. ^ 輸入食品に対する検査命令の実施について(中国産鶏肉及びその加工品並びにエチオピア産生鮮コーヒー豆)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]