たんぽぽコーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
焙煎したタンポポの根

たんぽぽコーヒー英語 Dandelion coffee)は、焙煎したタンポポから作られる飲料

概要[編集]

名前にコーヒーと付いているが、コーヒー豆は使用しない。たんぽぽにはクロロゲン酸が含まれており[1]、風味や飲み口はコーヒー豆で作ったコーヒーに近い。カフェインを含まず、不眠症患者や子供、妊娠・授乳期の女性でも飲用できる。また、二日酔い肝臓[2]便秘[3]に良いともいわれる。なお、中国医学で蒲公英根は清熱解毒、利尿の成分として、他の生薬とともに煎じて飲まれている[4]が、焙煎は行われないので風味が異なる。たんぽぽ茶と呼ばれる場合もあるが、焙煎していないものを指している場合もある。

市販品も出回っているが、家庭でも作ることが出来る。

歴史[編集]

19世紀アメリカ合衆国で考案された。最初、1830年代の『New York Albion』に作り方の紹介記事が掲載されたといい[5]スザンナ・ムーディーカナダの森で暮らした体験を綴った『Roughing it in the bush』(1852年出版)に紹介がある。1886年9月の『Harpers New Monthly Magazine』でも紹介され、安価な「コーヒー」の材料として知られるようになった[6]

また、コーヒー豆の供給が破綻した第二次世界大戦中には、ドイツで代用コーヒーとして広く飲まれた歴史を持つ。

作り方[編集]

原料となるタンポポの主根
  1. タンポポの根を掘り起こし、水洗いする。
  2. 1~2cmの長さに切って、水に晒して灰汁抜きした後、フードプロセッサー等で細かく刻む。
  3. 天日もしくは電子レンジで乾燥する。
  4. フライパンで強めに焙煎して風味を出す。
  5. コーヒー同様にドリップするか煮出す。

脚注[編集]

  1. ^ タンポポから抽出されたクロロゲン酸のβ‐シクロデキストリン包含物の同定と抗脂質過酸化作用の研究
  2. ^ "dandelion root “coffee” is a good liver tonic" Avoid Christmas hangover Karen McElroy 19 December 2008 The daily.com.au http://www.thedaily.com.au/news/2008/dec/19/avoid-christmas-hangover/
  3. ^ Dandelion”. The Columbia Encyclopedia. Columbia University Press (2001年7月). 2008年12月26日閲覧。
  4. ^ 江蘇新医学院編、「蒲公英」『中薬大辞典』、pp2459-2462、1986年、上海科学技術出版社、ISBN 7-5323-0842-1
  5. ^ Susanna Moodie, 『Roughing it in the bush』,1852, London, (1871, Toronto)
  6. ^ Whiting, Julia D. (1886-09-01). The End of a Love Match. Harpers New Monthly Magazine. http://cdl.library.cornell.edu/cgi-bin/moa/pageviewer?frames=1&coll=moa&view=50&root=%2Fmoa%2Fharp%2Fharp0073%2F&tif=00588.TIF 2008年12月26日閲覧。. 

関連項目[編集]