ブルーマウンテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブルーマウンテンBlue Mountain)とは、ジャマイカにあるブルーマウンテン山脈の標高800~1200mの限られた地域で栽培されるコーヒー豆のブランド

概要[編集]

ブルーマウンテンの特徴として、香りが非常に高く、繊細な味であることが挙げられる。香りが高いため、他の香りが弱い豆とブレンドすることが多い。

限られた地域でしか栽培されないため、収穫量が極めて少なく、高価な豆としても知られている。豆の品種は、他のジャマイカ産の豆と同じ物であるが、過酷な環境により栽培され、厳密な検査により選別された結果、繊細な味を実現している。

ブランド戦略と偽ブランド[編集]

本来、「ブルーマウンテン山脈」の標高800~1200mの特定エリア以外の地域が産地のコーヒーには、「ブルーマウンテン」という名前をつけることができない。

しかし、日本に輸入されている豆の多くは、標高800m以下の麓で栽培されたにもかかわらず「ブルーマウンテン」の名を付けられたものであることが多い。そのため、本来のブルーマウンテンを入手することは極めて難しい。国内での「ブルーマウンテン」販売量は、正規輸入量の3倍という事態になっている。

生豆でも1kg当たり4000円~5000円(2013年の相場)もするため、かなり高価なコーヒーとなる。喫茶店などで一般向けに出すにも数が出ないため、置くことが極めて困難な豆とも言われている。

パプアニューギニア産のコーヒー[編集]

1930年代、ジャマイカからパプアニューギニアの東部山岳州西部山岳州一帯にブルーマウンテンの苗木が移入され、一大産地となった。当地では、標高が1,000m以上と高く、気候も本家のジャマイカと似ていたことから、高い品質の豆の生産が可能になった[1]。過去、日本では、これらパプアニューギニアの豆をブルーマウンテンとして扱っていたほか、現在でもブルーマウンテンを連想する名が冠せられて流通していることがある。

その他[編集]

1936年(昭和11年)に初輸入された際に、「英国王室御用達コーヒー」というキャッチフレーズが付けられた。当時ジャマイカは英国領であり、英国王室でも飲まれているだろうという憶測が元になったと言われており、根拠はない。 結果的にこの宣伝活動が大当たりし、よく売れたとともに日本におけるブルーマウンテン神話が始まり、今日まで続いている。

日本人好みの風味と調和のとれた味で、輸出量の95%が日本向けであり、高価な金額で購入しているのは日本人だけだとも言われている。

出典[編集]

  1. ^ ショッピング・トラベルガイド(有限会社ピーエヌジージャパンホームページ)

外部リンク[編集]